【MINI クラブマン 海外試乗】あえて大きくなった新型、しなやかで乗心地もイイ!…竹岡圭

試乗記 輸入車

MINI クラブマン
  • MINI クラブマン
  • MINI クラブマン
  • MINI クラブマン
  • MINI クラブマン
  • MINI クラブマン
  • MINI クラブマン
  • MINI クラブマン
  • MINI クラブマン
「世界のMINIの主要マーケットの既存のユーザーからの声を反映して、サイズアップした」 なんて、ウソでしょ~っ? なんて思ったりもしましたが、乗ってみたらメチャクチャ イイクルマでした!

3世代目となる現行MINI『ハッチバック』と2世代目プラットフォームを使ったMINI『クロスオーバー』はあくまでプレミアム・スモールカー・セグメント。そして新規のプラットフォームMINI『クラブマン』はプレミアム・コンパクトカー・セグメント。つまりMINIはクラブマンで、日本で言うところのCセグメントに初参入したというわけなんですね。だから、あえて大きくなったということなんです。

これからはMINIはひとつのクルマの名前ではなく、MINIというブランド、MINIというメーカーになり、多車種を展開していくんだと考えた方がわかりやすいと思います。

そう考えてから乗ると、メチャクチャイイクルマなんですよ。何がイイって乗り心地がイイ。MINI=カタイという公式ではなく、MINI=しなやかという公式がピタリと当てはまる乗り味。それでいてハンドリングは、 まさしくMINI。インテリアもよりいっそう上質感を増しつつ、MINIらしいオモチャ箱のような世界を表現してくれていました。個人的には、リアのエクステリアデザインは、 正直もう少しスッキリさせたいところなんだけど(笑)。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

竹岡圭|モータージャーナリスト・タレント
「クルマ&カーライフは楽しくなくっちゃネ!」をモットーに、さまざまな媒体で「喋って・書いて・走って」を実践する女性モータージャーナリストとしてカーライフ全般を女性の視点からレポートする。モータースポーツでも、耐久レースやラリーレイドなど数々のレースに参戦するなど、硬軟幅広く携わる。日本自動車ジャーナリスト協会(A.J.A.J.)理事、日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。
《竹岡圭》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品