ホンダ、アドベンチャーモデルの「CRF1000L アフリカ・ツイン」を発表

モーターサイクル 新型車

ホンダCRF1000Lアフリカツイン
  • ホンダCRF1000Lアフリカツイン
  • ホンダCRF1000Lアフリカツイン
  • ホンダCRF1000Lアフリカツイン
  • ホンダCRF1000Lアフリカツイン
  • ホンダCRF1000Lアフリカツイン
  • ホンダCRF1000Lアフリカツイン
  • ホンダCRF1000Lアフリカツイン
  • ホンダCRF1000Lアフリカツイン
ホンダは、新開発水冷4ストロークOHC直列2気筒998ccエンジンを搭載したアドベンチャーモデル『CRF1000L アフリカ・ツイン』を発表した。

CRF1000L アフリカ・ツインは、1990年代に人気となった『XRV750 アフリカ・ツイン』と同様、オンロード、オフロードを問わず、世界中のさまざまな道に対応できるアドベンチャーモデルとして開発した。

開発コンセプトは「どこへでも行ける」で、市街地走行から大陸横断ツーリングまで、幅広いシチュエーションで快適な走行を楽しめる。

新開発エンジンは、4バルブユニカムなどの採用で、コンパクト化。潤滑方式にセミドライサンプを採用することなどで、250mmの最低地上高を確保した。出力特性にもこだわり、270度位相クランクシャフトによって、どの回転域でもレスポンスがよく、回転数が上がるにつれて、深みのあるエンジン音を響かせながら、トラクションを感じられるほか、2軸プライマリーバランスシャフトが振動を軽減する。

このエンジンを軽量セミダブルクレードルフレームに搭載することで、オフロードでの走行性能と、オンロードでの機敏なハンドリングの両立を図った。

独自技術である二輪車用「デュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)」のコントロール性能を向上させたほか、ABSとホンダ・セレクタブル・トルク・コントロールを搭載したモデルも設定する。

CRF1000L アフリカ・ツインは、欧州で12月中旬から順次発売する。欧州での発売後、北米や日本などでの販売を計画する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. 軽二輪車新車販売、10.3%減の2万3854台で2年連続マイナス…2016年上半期

    軽二輪車新車販売、10.3%減の2万3854台で2年連続マイナス…2016年上半期

  2. バイクETC車載器助成、可能台数のカウンター表示を取りやめ…NEXCO

    バイクETC車載器助成、可能台数のカウンター表示を取りやめ…NEXCO

  3. ベスパ、スプリント150/プリマベーラ125 の2016年モデル発売…新型エンジンとABS搭載

    ベスパ、スプリント150/プリマベーラ125 の2016年モデル発売…新型エンジンとABS搭載

  4. 電動スクーター バイクル L6 発売、低シート高の軽量モデル

  5. 【人とくるまのテクノロジー16】アウトバーンも難なく! ヤマハ MT-10 本邦初公開

  6. 【人とくるまのテクノロジー16】ヤマハ、日本未発表の欧州向け最高峰モデル MT-10 を展示…跨りOK

  7. 二輪車輸出実績、欧州向けが2か月連続で4割増…5月

  8. ”走る宝石”MVアグスタ をレンタルする…レンタル819

  9. ミツバサンコーワ、二輪車用初のGPS搭載ETC2.0車載器を発売

  10. 【東京モーターサイクルショー15】クラシカルな ロードホッパー などで視線集めるプロト

アクセスランキングをもっと見る