【MotoGP 日本GP】アライとSHOEIが一般ライダー向けアフターサービス

モーターサイクル エンタメ・イベント

アライヘルメットのブース。
  • アライヘルメットのブース。
  • SHOEIのブース。
  • アライヘルメットのブース。
  • SHOEIのブース。
  • アライヘルメットの上 幸一さん。
  • SHOEIの海老沢 孝さん。
ヘルメットも定期的なメンテナンスが必要だ。アライヘルメットとSHOEIは、MotoGP 日本グランプリがおこなわれたツインリンクもてぎで、ユーザーに向けた無料アフターサービスを毎年実施している。

アライヘルメットは無料点検や無料クリーニングのほか、破損したヘルメットの補修・パーツ交換を実施。別途パーツ代が実費が必要になる場合があるが、ユーザーには嬉しいサービスだ。

同社の広報・上幸一さんは「製品を販売するだけでなく、ユーザーのアフターケアも我々にとって重要です」とキッパリ。サービスを利用したユーザーは、ピカピカになった自分のヘルメットを満足げに眺めていた。

SHOEIでは、スタッフによる無料サイズ計測・調整、フィッティングアドバイスを実施し、たいへん好評を得ている。計測のみは約5分、サイズ調整は30分ほど時間をかけて念密におこなうこともあるという。

同社広報・海老沢孝さんによれば、「ご自分の頭に合ったサイズかどうか、わからないまま使っていただいてるユーザーも少なくありません」という。本当のジャストサイズは、自分で感じるものと違うことがあるようだ。

試しに普段Mサイズを使用している記者も頭のサイズを計測してもらうと、結果はSサイズが最適とのこと。これには驚いた。

アライヘルメット、SHOEI、いずれも全国の主な量販店に、ヘルメット選びのアドバイスができる販売員が常駐している。

また、両社のこうしたブースは今後も、MotoGPに限らず大きなイベントで展開していく予定だ。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. 【リコール】カワサキ ZRX1200 DAEG、オーバーヒートのおそれ

    【リコール】カワサキ ZRX1200 DAEG、オーバーヒートのおそれ

  2. ハーレー 2017年全32モデル発売、ツーリングファミリーに新エンジン搭載

    ハーレー 2017年全32モデル発売、ツーリングファミリーに新エンジン搭載

  3. ヤマハ発動機、コミューターに搭載できるモーターサイクル搭載用品を世界各国で販売

    ヤマハ発動機、コミューターに搭載できるモーターサイクル搭載用品を世界各国で販売

  4. カワサキ、AIを活用した次世代モーターサイクルの開発に着手

  5. BMWモトラッド、白馬でミーティングイベントを開催…8月27日・28日

  6. ドッペルギャンガー、ツーリング先で気軽に火を楽しめる新アイテム発売

  7. カワサキ ZRX1200 DAEG、生産終了へ…ファイナルエディション発売

  8. ライブにも乗って行っちゃおうかな! CKB横山剣がハーレー購入

  9. ヘルメットを被ったままで通話できる---バイク用インカム発売

  10. バイクETC車載器助成、可能台数のカウンター表示を取りやめ…NEXCO

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら