【MotoGP 日本GP】アライとSHOEIが一般ライダー向けアフターサービス

モーターサイクル エンタメ・イベント

アライヘルメットのブース。
  • アライヘルメットのブース。
  • SHOEIのブース。
  • アライヘルメットのブース。
  • SHOEIのブース。
  • アライヘルメットの上 幸一さん。
  • SHOEIの海老沢 孝さん。
ヘルメットも定期的なメンテナンスが必要だ。アライヘルメットとSHOEIは、MotoGP 日本グランプリがおこなわれたツインリンクもてぎで、ユーザーに向けた無料アフターサービスを毎年実施している。

アライヘルメットは無料点検や無料クリーニングのほか、破損したヘルメットの補修・パーツ交換を実施。別途パーツ代が実費が必要になる場合があるが、ユーザーには嬉しいサービスだ。

同社の広報・上幸一さんは「製品を販売するだけでなく、ユーザーのアフターケアも我々にとって重要です」とキッパリ。サービスを利用したユーザーは、ピカピカになった自分のヘルメットを満足げに眺めていた。

SHOEIでは、スタッフによる無料サイズ計測・調整、フィッティングアドバイスを実施し、たいへん好評を得ている。計測のみは約5分、サイズ調整は30分ほど時間をかけて念密におこなうこともあるという。

同社広報・海老沢孝さんによれば、「ご自分の頭に合ったサイズかどうか、わからないまま使っていただいてるユーザーも少なくありません」という。本当のジャストサイズは、自分で感じるものと違うことがあるようだ。

試しに普段Mサイズを使用している記者も頭のサイズを計測してもらうと、結果はSサイズが最適とのこと。これには驚いた。

アライヘルメット、SHOEI、いずれも全国の主な量販店に、ヘルメット選びのアドバイスができる販売員が常駐している。

また、両社のこうしたブースは今後も、MotoGPに限らず大きなイベントで展開していく予定だ。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. 【人とくるまのテクノロジー16】ヤマハ、日本未発表の欧州向け最高峰モデル MT-10 を展示…跨りOK

    【人とくるまのテクノロジー16】ヤマハ、日本未発表の欧州向け最高峰モデル MT-10 を展示…跨りOK

  2. ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

    ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

  3. 二輪車向け世界初「サイドビューアシスト」、初めての搭載はマキシ・スクーターから...ボッシュ

    二輪車向け世界初「サイドビューアシスト」、初めての搭載はマキシ・スクーターから...ボッシュ

  4. 【東京モーターショー15】スズキ、原付クロスバイク「フィール フリー ゴー!」を世界初公開

  5. 積極的にフロントを使って攻め込める…ダンロップ SPORTMAX α-13SP

  6. ヒト型自律ライディングロボット「MOTOBOT」、ついにロッシとご対面[動画]

  7. ホンダ PCXシリーズに特別カラーのスペシャルエディション…受注期間限定で発売

  8. 「ハーレーは“イケてる女”」UFCファイターの石原“夜叉坊”暉仁&スワンソン選手、新型発表会に乱入!?

  9. ラビットヘッドをあしらった「プレイボーイ」コラボメット発売

  10. ハーレーダビッドソン三鷹、アジアパシフィックNo.1ディーラーに

アクセスランキングをもっと見る