米国ウェストバージニア州、VWを提訴…「環境に優しく低燃費は偽り」

自動車 ビジネス 企業動向

排ガス試験で不正があったフォルクスワーゲン
  • 排ガス試験で不正があったフォルクスワーゲン
  • フォルクスワーゲンのターボディーゼル「TDI」エンジン
  • VW ティグアン 初代
フォルクスワーゲンが一部ディーゼル車に違法なソフトウェアを搭載し、排ガス試験を不正にクリアしていた問題。この問題を受けて、米国の州政府がフォルクスワーゲンを提訴した。

これは10月5日、米国ウェストバージニア州のパトリック・モリシー司法長官が明らかにしたもの。「フォルクスワーゲンの米国法人、フォルクスワーゲンオブアメリカを提訴する」と発表している。

同長官がフォルクスワーゲンオブアメリカに対して求めているのは、民事制裁金と補償。今回の不正が発覚したのは2014年5月、ウェストバージニア大学が発表したフォルクスワーゲン車の排ガス性能に関する調査結果がきっかけだった。

パトリック・モリシー司法長官は、「フォルクスワーゲンは米国の排出ガステストを欺く目的で、一部車両で不正を働いた。それが、この訴状を提出した理由のひとつ」とコメント。

さらに、「ウェストバージニアの消費者は、フォルクスワーゲンの広告に怒っている。環境に優しく、低燃費かつ高性能と信じて、フォルクスワーゲン車を購入した」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 定額クルマ乗り換え放題サービス始まる…IDOMが首都圏で先行リリース

    定額クルマ乗り換え放題サービス始まる…IDOMが首都圏で先行リリース

  2. 【リコール】三菱ふそう スーパーグレードなど、エンジン損傷のおそれ

    【リコール】三菱ふそう スーパーグレードなど、エンジン損傷のおそれ

  3. 【リコール】ダイハツ タント 80万台、バックドアステー破損で負傷のおそれ…塩害地域は要注意

    【リコール】ダイハツ タント 80万台、バックドアステー破損で負傷のおそれ…塩害地域は要注意

  4. タクシー業者の実態、台当たり運送収入は上昇も収入総額は減少…帝国データバンク

  5. 三菱ふそう、バス床下の腐食点検を呼びかけ…重大事故のおそれ

  6. スバル富士重 吉永社長「今秋の インプレッサ 皮切りに毎年新車を投入」

  7. 【リコール】日野レンジャー など、ターボチャージャ不具合でエンストのおそれ

  8. オートバックス、車買取専門店4号店を小金井にオープン

  9. アルパインと日本IBM、自動運転時代を見据えた次世代車載システムを共同開発へ

  10. ダイハツ タント、バックドアのステー破損で負傷事故発生

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら