【ジャガー XE 試乗】吸い込まれるような走りが愛おしくなる…島崎七生人 | レスポンス(Response.jp)

【ジャガー XE 試乗】吸い込まれるような走りが愛おしくなる…島崎七生人

試乗記 輸入車

ジャガーXE 2.0 PRESTIGE
  • ジャガーXE 2.0 PRESTIGE
  • ジャガーXE 2.0 PRESTIGE
  • ジャガーXE 2.0 PRESTIGE
  • ジャガーXE 2.0 PRESTIGE
  • ジャガーXE 2.0 PRESTIGE
  • ジャガーXE 2.0 PRESTIGE
  • ジャガーXE 2.0 PRESTIGE
  • ジャガーXE 2.0 PRESTIGE
このクルマのステアリングを握ると、首都高速が私だけのワインディングロードに変わる…何ともコソバユイ広告コピーのようだ。が、都心で『XE』を借り受け、走り出してみると、本当にそういう実感がしたのである。

試乗車は2リットルエンジンを搭載する「PRESTIGE」。タイヤはオプションの18インチ(標準は17インチ)で、実はひとつ上級の2.5リットルの「Portfolio」と同等。ところが何しろしなやかで軽快でさえある身のこなしは、まさしくスポーツセダンのそれだ。しかもステアリングを90度以上切り込んでいった先の、敏捷過ぎないが吸い込まれるようにクルマが向きを変えていく様は独特でこの上なく上品なのがいい。トップモデルの「3.0S」と同様の、路面を舐めていくようなタイヤの接地感も味わいのひとつだ。

200ps/320N・mのエンジン性能も、走らせているときの気分の盛り上がりに呼応する。ドライブモードを“S”に切り替えると、「3.0S」よりボリュームこそ控えめだが、それに通じる音質のフォーン!と骨のある排気音を響かせ、パワーフィールも切れ味が増す。

第一印象はモダンになり過ぎ?、『XF』に似過ぎ?…などと感じたもの。だが、胸のすく走りを再確認した後では、一見プレーンだが、フェンダーやトランクリッド後端など随所に凝ったディテールが施されたスタイルが愛おしく思えた。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品