豪当局、VW グループに巨額罰金の可能性…最大1台当たり約1億円

自動車 ビジネス 企業動向

フォルクスワーゲン・オーストラリアの公式サイト
  • フォルクスワーゲン・オーストラリアの公式サイト
  • VW(参考画像)
世界的規模で、一部ディーゼル車に排ガス試験を不正に逃れる違法なソフトウェアを搭載していたフォルクスワーゲングループ。オーストラリアでは同社に対して、多額の罰金が科せられる可能性が出てきた。

これは10月1日、オーストラリア競争消費者委員会が明らかにしたもの。「フォルクスワーゲングループに対して、最大で1台当たり110万オーストラリアドル(約9300万円)の罰金を科す可能性がある」と発表している。

今回、フォルクスワーゲングループで問題視されているのは、市販車へのディフィートデバイス(無効化機能)の搭載。これは、オーストラリアの消費者法に抵触する違反行為となる。

現時点で、フォルクスワーゲン・オーストラリアは、同国内のフォルクスワーゲン車にディフィートデバイスを搭載していたかどうか、公表していない。オーストラリア競争消費者委員会は、「ディフィートデバイスの搭載が確認された場合、フォルクスワーゲングループを提訴する」とコメント。

1台当たり最大で約1億円の罰金が科せられた場合、罰金の総額は大きく膨らむ可能性がある。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. テスラ、カーシェアリングに進出へ…自動運転との連携も視野に

    テスラ、カーシェアリングに進出へ…自動運転との連携も視野に

  2. いすゞ自動車、GMとの次世代ピックアップトラックの共同開発を中止…単独で開発へ

    いすゞ自動車、GMとの次世代ピックアップトラックの共同開発を中止…単独で開発へ

  3. ホンダ欧州販売…33.5%増の8.8万台、ヴェゼル が牽引 上半期

    ホンダ欧州販売…33.5%増の8.8万台、ヴェゼル が牽引 上半期

  4. マクラーレン、2016年販売は倍増の見通し…スポーツシリーズ効果

  5. テスラ、ソーラールーフ開発へ…エネルギー生産と貯蔵を統合

  6. 三菱 ランエボ など、米国でリコール…サス部品脱落のおそれ

  7. 米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

  8. 村田製作所、車載カメラに最適な巻線インダクタを商品化

  9. ドイツ高級3ブランドの中国販売、アウディが首位 6月

  10. 宅配便取扱実績…ヤマト運輸、個数トップもメール便は2割減 2015年度

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら