豪当局、VW グループに巨額罰金の可能性…最大1台当たり約1億円

自動車 ビジネス 企業動向

フォルクスワーゲン・オーストラリアの公式サイト
  • フォルクスワーゲン・オーストラリアの公式サイト
  • VW(参考画像)
世界的規模で、一部ディーゼル車に排ガス試験を不正に逃れる違法なソフトウェアを搭載していたフォルクスワーゲングループ。オーストラリアでは同社に対して、多額の罰金が科せられる可能性が出てきた。

これは10月1日、オーストラリア競争消費者委員会が明らかにしたもの。「フォルクスワーゲングループに対して、最大で1台当たり110万オーストラリアドル(約9300万円)の罰金を科す可能性がある」と発表している。

今回、フォルクスワーゲングループで問題視されているのは、市販車へのディフィートデバイス(無効化機能)の搭載。これは、オーストラリアの消費者法に抵触する違反行為となる。

現時点で、フォルクスワーゲン・オーストラリアは、同国内のフォルクスワーゲン車にディフィートデバイスを搭載していたかどうか、公表していない。オーストラリア競争消費者委員会は、「ディフィートデバイスの搭載が確認された場合、フォルクスワーゲングループを提訴する」とコメント。

1台当たり最大で約1億円の罰金が科せられた場合、罰金の総額は大きく膨らむ可能性がある。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【エンディング産業展16】光岡自動車の霊柩車…自分が送ってもらいたいと思う車を

    【エンディング産業展16】光岡自動車の霊柩車…自分が送ってもらいたいと思う車を

  2. ポルシェ 918 スパイダー、米国でリコール…ネジを間違えた

    ポルシェ 918 スパイダー、米国でリコール…ネジを間違えた

  3. VWの独6工場、稼働を一時停止…サプライヤーとの対立が原因

    VWの独6工場、稼働を一時停止…サプライヤーとの対立が原因

  4. 米国高級車販売、メルセデスが首位…レクサスとBMW抑える 7月

  5. ドバイ警察、今度はポルシェ 918スパイダー をパトカーに配備

  6. 自動車用ソーラーパワー換気扇、車内の温度上昇を抑制

  7. アウディ、中国でトランスミッションを現地生産…A4 に搭載

  8. パナソニック、業界最高容量のアイドリングストップ車用バッテリーを発売…寿命は1.8倍

  9. 国内初のリチウムイオンバッテリー搭載フォークリフト、トヨタL&Fが発売

  10. 日本自動車セールス満足度、ラグジュリー部門でレクサスがV10達成…JDパワー

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら