【全日本模型ホビーショー15】幻の日本軍150t超重戦車をモデル化…ファインモールド

自動車 ビジネス 国内マーケット

1/72スケールキット『帝国陸軍 150t 超重戦車[オイ]』
  • 1/72スケールキット『帝国陸軍 150t 超重戦車[オイ]』
  • 1/72スケールキット『帝国陸軍 150t 超重戦車[オイ]』
  • 1/72スケールキット『帝国陸軍 150t 超重戦車[オイ]』
  • 1/72スケールキット『帝国陸軍 150t 超重戦車[オイ]』
  • 1/72スケールキット『帝国陸軍 150t 超重戦車[オイ]』
  • 1/72スケールキット『帝国陸軍 150t 超重戦車[オイ]』
  • 1/72スケールキット『帝国陸軍 150t 超重戦車[オイ]』
  • 1/72スケールキット『帝国陸軍 150t 超重戦車[オイ]』
ファインモールドは、東京ビッグサイトで行われた全日本模型ホビーショーで、1/72スケールキット『帝国陸軍 150t 超重戦車[オイ]』を出品。未公開の実車資料を基に設計したもので、会場では歴史的にも貴重な資料の一部も公開した。

「オイ」とは、旧日本帝国陸軍が極秘裏に開発を進めていた、多砲塔にして100tを上回る超重規格の戦車のこと。秘匿名称を「オイ」と呼び、1両の試作車が走行試験を行ったと伝えられているだけで、その重量や台数、開発経緯などははっきりとしない幻の存在だった。

同社は最近になってこの実車資料を独自入手。この中に含まれていた図面により、寸法・形状も明らかとなり、試作車製造・試運転の過程も判明したという。この貴重な資料を参考に作られた1/1模型が、9月に千葉・幕張メッセで行われた東京ゲームショウ2015で展示されて話題となったばかりだ。

そして今回、1/72スケールのプラモデルとして発表。日本軍が開発した戦車の中で最大級の大きさを誇り、主砲の105mmカノン砲や副砲の47mm戦車砲2基などを搭載した怪物ぶりが精密に再現された。同社ブースでは、「極秘」の判が押してあるこの資料の一部も展示され、多くの来場者から注目されていた。

11月下旬発売予定。予価4000円(税別)
《嶽宮 三郎》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. オートエクゼ、アテンザ用ストリートスポーツ チューニングキットを発売

    オートエクゼ、アテンザ用ストリートスポーツ チューニングキットを発売

  2. 米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

    米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

  3. クルマを置かないVRショール―ム…代官山蔦屋書店のメルセデス・ベンツ日本に行ってきた

    クルマを置かないVRショール―ム…代官山蔦屋書店のメルセデス・ベンツ日本に行ってきた

  4. 【リコール】スズキ イグニス、走行中にドアが開くおそれ

  5. クルマを置かないVRショール―ム…タッチポイントが増える

  6. 【池原照雄の単眼複眼】出発点は「謙虚」…マツダの新しい走り「G-ベクタリング」

  7. BYD、中国自動車メーカー初の日本進出…京都でEVバス納車

  8. 車内温度を素早く下げるには「エアコン+窓全開走行」がおすすめ…JAF検証

  9. マセラティの新型SUV、レヴァンテ を増産

  10. 【池原照雄の単眼複眼】ソウルレッドの次はこれだ…マツダの新ボディカラー

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら