人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

ドローンの侵入を検知するシステム、レンタル開始

航空 企業動向

理経は、米国ドローンシールドのドローン検知システム「ドローンシールド」のレンタルサービスを開始すると発表した。

「ドローンシールド」は、ドローンが発する飛翔音を検知する独自のアコースティク・デテクション(音響検知)テクノロジーを利用して、集積した音を解析し蓄積されたデータベースへ照合、ドローンの接近を検知する。

レーダーでは感知できない小型のドローンも高精度で検知し、150m離れた場所からドローンの検知が可能。オプションのパラボラアンテナ使用で1000m離れた場所からも検知できる。

飛翔音がドローンである場合、アラート機能により瞬時にスマートフォンへのメール送信や外部インタフェースへ連携することが可能。

複数個所に設置したセンサーを、ネットワークを利用して一元監視することも可能。一時利用以外でも顧客ニーズにより、解析用のサーバーについてクラウド型とオンプレミス型の2つの構成が可能。クラウド型は、設置しやすく、オンプレミス型は検知処理が速く、セキュリティも強い。

レンタルパッケージは、4台の「ドローンシールド」、事前環境測定、設置調整費のほか、半径300mまでのエリアをカバーする基本セットを含む。基本パッケージのほか、オプションとして設置のための調査基本設計や、無線通信接続するための無線通信機器などを用意し、顧客ニーズに適したシステム構成を提案する。

レンタル料金は、機材と技術者を派遣する基本2日間パックが70万円(税別)。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. MRJの北米へのフェリーフライトを再び中止…空調システムに不具合

    MRJの北米へのフェリーフライトを再び中止…空調システムに不具合

  2. ジェットスター・ジャパンが初の単年度黒字化を達成 2016年6月期決算

    ジェットスター・ジャパンが初の単年度黒字化を達成 2016年6月期決算

  3. JAL国際線の旅客が3カ月連続マイナス、国内線は2カ月連続プラス 7月

    JAL国際線の旅客が3カ月連続マイナス、国内線は2カ月連続プラス 7月

  4. リオ五輪選手団や都知事を乗せたJAL・ANA機、羽田着…吉田沙保里は“スタボー側”から

  5. 2020東京五輪に向け、3棟のホテル…羽田空港第2ゾーン開発[フォトレポート]

  6. 香港航空、ロイヤルブルネイ航空とコードシェア開始へ

  7. ルフトハンザ、1978年以来の羽田空港就航…フランクフルト、ミュンヘン直行便開設

  8. デルタ航空が成田線複数を運休…日米航空交渉で見直し

  9. IHI、航空機エンジン部品を製造する新工場が竣工…エアバスA320neo向け

  10. 関空に簡易宿泊施設「ファーストキャビン」 2017年3月オープン

アクセスランキングをもっと見る