トヨタの自動運転開発、友山専務「グーグルとは明らかにスタンスが違う」

自動車 テクノロジー 安全

トヨタ自動車 友山茂樹専務役員
  • トヨタ自動車 友山茂樹専務役員
  • トヨタ自動車の友山茂樹専務役員が「クルマはもっと面白くなる! IoTで変わる車と社会」テーマに出張授業
  • トヨタ自動車の友山茂樹専務役員が「クルマはもっと面白くなる! IoTで変わる車と社会」テーマに出張授業
トヨタ自動車のIT・ITS本部長である友山茂樹専務役員は9月14日、グーグルなどIT企業も開発を進めている自動運転技術について「無人配送車のような無人運転をめざすグーグルと、われわれは明らかにスタンスが違う」と述べた。

同日、東京都葛飾区の東京理科大学で「クルマはもっと面白くなる! IoTで変わる車と社会」をテーマに出張授業を行った後、記者団の取材に応じて語った。友山専務は同社が進める自動運転技術は「ドライバーが乗るパッセンジャーカーで事故ゼロを目指す技術であり、いわゆる無人運転ではない」と説明した。

さらに、無人運転車もドライバーが乗る車での自動運転も「技術開発は両方難しい」とも指摘。無人運転の場合は「人がいないので周囲や走行状況の監視が重要」とした。一方でドライバーが乗車する自動運転では「運転を支援するわけだから車がドライバーの意志を予測するなど、両者のコミュニケーションがより重要になる」と述べた。

もっとも、トヨタもカーシェアリング用のパーソナルコミューターなどでは、所定の駐車場まで無人で戻るといったニーズを予測しており、「われわれは無人運転の開発も相当行っている」と語った。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 テクノロジー アクセスランキング

  1. ものすごい可能性を感じさせる新発想ガジェット「KKP(くるくるピッ)」

    ものすごい可能性を感じさせる新発想ガジェット「KKP(くるくるピッ)」

  2. 「カロッツェリア・サイバーナビは音が良い」というウワサの真偽を徹底検証! Part.1「高音質設計に込められた思いと、技術」に迫る!

    「カロッツェリア・サイバーナビは音が良い」というウワサの真偽を徹底検証! Part.1「高音質設計に込められた思いと、技術」に迫る!

  3. ケンウッド、20%の小型化を実現した新型ドライブレコーダーを発売

    ケンウッド、20%の小型化を実現した新型ドライブレコーダーを発売

  4. 【官能カーオーディオ!】車内で“スマホ”を聴く方法、最新事情パート2…“AUX”&“USB”編

  5. アルパイン、大画面ナビ「ビッグX」が世界最大となる11型液晶を搭載…アロマも装備

  6. ダイハツ ムーヴに「楽ナビ」取付けてみた…思わぬ所に落とし穴も?

  7. 【官能カーオーディオ!】「イコライザー」で“音”の雰囲気が一変!…“予算0円”のチューニング術

  8. 無料ナビアプリ三つ巴対決、一番使いやすいのはどのアプリだ

  9. 始まって以来の“大変革”…新型 カロッツェリア サイバーナビ 発表

  10. もっとも危険な曲はワーグナーの『ワルキューレの騎行』

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら