【IIHS衝突安全】スバル WRX 2016年型、トップセーフティピック+に認定

自動車 テクノロジー 安全

スバル WRX 2016年型(米国仕様)
  • スバル WRX 2016年型(米国仕様)
  • スバル WRX
富士重工は9月14日、EyeSightを装着した2016年型スバル『WRX(米国仕様車)』が、IIHS(道路安全保険協会)が実施する2015年安全性評価で最高評価の「トップセイフティピック+」を獲得したと発表した。

また、2016年型モデルからEyeSightを採用することで、「トップセイフティピック+」受賞の条件である前面衝突予防性能試験でも、最高評価「Superior」を獲得。同試験での獲得ポイントは、「Superior」評価車中で最高となる6ポイントだった。2016年型WRXを含め、スバルは7車種で「トップセイフティピック」を受賞(TSP+:6車種、TSP:1車種)している。

トップセイフティピックを受賞するには前・側・後面衝突、ロールオーバー(車両転覆)時の安全評価すべてで、最高の「Good」を獲得するとともに、2012年導入のスモールオーバーラップ(前面オフセット衝突)試験でも「Good」または「Acceptable」を獲得することが必要となる。2016年型WRXは、これら5つの安全性評価項目においても最高評価「Good」を獲得。さらに、「トップセイフティピック+」を受賞するには、前面衝突予防評価において「Advanced」、「Superior」のいずれかを獲得する必要がある。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 テクノロジー アクセスランキング

  1. コネクティッドカーへのサイバー攻撃から保護…シマンテックがソリューションを発表

    コネクティッドカーへのサイバー攻撃から保護…シマンテックがソリューションを発表

  2. 事故低減プログラム実施で保険料割引…トヨタとあいおいニッセイ、法人向けにサービス開始

    事故低減プログラム実施で保険料割引…トヨタとあいおいニッセイ、法人向けにサービス開始

  3. メルセデス Cクラス の音を格段に良くする専用スピーカーキット…仏FOCALからデビュー

    メルセデス Cクラス の音を格段に良くする専用スピーカーキット…仏FOCALからデビュー

  4. 無料ナビアプリ三つ巴対決、一番使いやすいのはどのアプリだ

  5. テスラ、米メディアに反論…「自動運転機能の無効化は理解できない」

  6. 【日産 プロパイロット】東名高速の300Rを100km/hで曲がれるか?

  7. カーナビ出荷台数、3か月連続プラス…16.9%増の51万9000台 6月

  8. HEREとSBDが白書「自動運転のスムーズな移行に向けて業界は結束を」

  9. 【日産 プロパイロット】高速道路単一車線向けの自動運転技術、新型セレナに初搭載

  10. 【官能カーオーディオ!】車内で“スマホ”を聴く方法、最新事情パート2…“AUX”&“USB”編

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら