【IIHS衝突安全】スバル WRX 2016年型、トップセーフティピック+に認定

自動車 テクノロジー 安全

スバル WRX 2016年型(米国仕様)
  • スバル WRX 2016年型(米国仕様)
  • スバル WRX
富士重工は9月14日、EyeSightを装着した2016年型スバル『WRX(米国仕様車)』が、IIHS(道路安全保険協会)が実施する2015年安全性評価で最高評価の「トップセイフティピック+」を獲得したと発表した。

また、2016年型モデルからEyeSightを採用することで、「トップセイフティピック+」受賞の条件である前面衝突予防性能試験でも、最高評価「Superior」を獲得。同試験での獲得ポイントは、「Superior」評価車中で最高となる6ポイントだった。2016年型WRXを含め、スバルは7車種で「トップセイフティピック」を受賞(TSP+:6車種、TSP:1車種)している。

トップセイフティピックを受賞するには前・側・後面衝突、ロールオーバー(車両転覆)時の安全評価すべてで、最高の「Good」を獲得するとともに、2012年導入のスモールオーバーラップ(前面オフセット衝突)試験でも「Good」または「Acceptable」を獲得することが必要となる。2016年型WRXは、これら5つの安全性評価項目においても最高評価「Good」を獲得。さらに、「トップセイフティピック+」を受賞するには、前面衝突予防評価において「Advanced」、「Superior」のいずれかを獲得する必要がある。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 テクノロジー アクセスランキング

  1. カーAVC出荷実績、カーナビが5か月ぶりのプラス…4月 JEITA調べ

    カーAVC出荷実績、カーナビが5か月ぶりのプラス…4月 JEITA調べ

  2. 【ユーロNCAP】ルノーの超小型車、トゥイジー…衝突安全テストに失格

    【ユーロNCAP】ルノーの超小型車、トゥイジー…衝突安全テストに失格

  3. タタの超低価格車、ナノ …インドの衝突安全テストに失格

    タタの超低価格車、ナノ …インドの衝突安全テストに失格

  4. 革新の新カーオーディオ、クラリオン「Full Digital Sound」搭載プロショップ・デモカーを聴く

  5. ZMP、物体検出機能を搭載したステレオビジョンパッケージを発売

  6. 【人とくるまのテクノロジー16】ヴァレオ、ステートLiDARセンサーを世界初展示

  7. 予算20万円でカーオーディオの「低音を強化する」

  8. デモカー製作者が語る…クラリオン『Full Digital Sound』の革新性と期待値

  9. 無料ナビアプリ三つ巴対決、一番使いやすいのはどのアプリだ

  10. 【NHTSA】中国製EVセダン、前面衝突テストに失格…2つ星評価

アクセスランキングをもっと見る