【IIHS衝突安全】スバル WRX 2016年型、トップセーフティピック+に認定 | レスポンス(Response.jp)

【IIHS衝突安全】スバル WRX 2016年型、トップセーフティピック+に認定

自動車 テクノロジー 安全

スバル WRX 2016年型(米国仕様)
  • スバル WRX 2016年型(米国仕様)
  • スバル WRX
富士重工は9月14日、EyeSightを装着した2016年型スバル『WRX(米国仕様車)』が、IIHS(道路安全保険協会)が実施する2015年安全性評価で最高評価の「トップセイフティピック+」を獲得したと発表した。

また、2016年型モデルからEyeSightを採用することで、「トップセイフティピック+」受賞の条件である前面衝突予防性能試験でも、最高評価「Superior」を獲得。同試験での獲得ポイントは、「Superior」評価車中で最高となる6ポイントだった。2016年型WRXを含め、スバルは7車種で「トップセイフティピック」を受賞(TSP+:6車種、TSP:1車種)している。

トップセイフティピックを受賞するには前・側・後面衝突、ロールオーバー(車両転覆)時の安全評価すべてで、最高の「Good」を獲得するとともに、2012年導入のスモールオーバーラップ(前面オフセット衝突)試験でも「Good」または「Acceptable」を獲得することが必要となる。2016年型WRXは、これら5つの安全性評価項目においても最高評価「Good」を獲得。さらに、「トップセイフティピック+」を受賞するには、前面衝突予防評価において「Advanced」、「Superior」のいずれかを獲得する必要がある。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品