【リコール】コンビのチャイルドシート12万台…ベルト取付部や回転ロック機構に不具合

自動車 ビジネス 国内マーケット

コンビ・ネルームシリーズ
  • コンビ・ネルームシリーズ
  • 改善箇所
  • 改善箇所
コンビは8月31日、チャイルドシート「ネルーム/ネセルターン」などの腰ベルトおよび股ベルト取付け部や回転操作レバーに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、「ネルーム/ネセルターン」「レカロスタートイクス」「ネルーム/ネセルターンISOFIX」「ママロン」の4製品で、2013年10月21日から2015年7月24日に製造された11万9897台。

腰ベルトおよび股ベルト取付け部については、製造管理が不適切なため、腰および股ベルトの取付け部が嵌合不良となっているものがある。そのため、衝突時にベルトが外れて、乗員を確実に拘束できないおそれがある。

改善措置として、全装置点検し、嵌合不良防止部品を組み付ける。不具合は74件発生、事故は起きていない。

回転操作レバーについては、レバーに取り付けられているロッドカラーと操作スイッチ(ストッパー)の寸法のバラツキを考慮していないため、双方が接触して、回転操作レバーが元の位置に戻らないことがある。そのため、チャイルドシートの回転を固定させるためのロック機構が作動できず、チャイルドシートの回転が固定できないおそれがある。

改善措置として、操作ユニット一式を対策品に交換する。不具合は825件発生、事故は起きていない。

いずれも市場からの情報により発見した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. アドヴィックスの刈谷工場で爆発事故発生…トヨタの操業に影響の可能性

    アドヴィックスの刈谷工場で爆発事故発生…トヨタの操業に影響の可能性

  2. 【スマートコミュニティ16】トヨタ、新型プリウスPHV 日本仕様を初公開

    【スマートコミュニティ16】トヨタ、新型プリウスPHV 日本仕様を初公開

  3. 自動車メーカー、他社牽制力ランキング トップ3はトヨタ 日産 ホンダ

    自動車メーカー、他社牽制力ランキング トップ3はトヨタ 日産 ホンダ

  4. 軍用ロボ? いえトラクターです…ランボルギーニ MACH VRT T4i

  5. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  6. スバル富士重、国内販売が5か月ぶりのプラス…4月実績

  7. 日産、デイズ販売停止も影響し国内販売22.3%減…4月実績

  8. マツダ、海外生産が25か月ぶりのマイナス…4月実績

  9. トヨタのブレーキ合弁、アドヴィックス…増資と持株比率を変更

  10. 【人とくるまのテクノロジー16】住友電装、軽くて安いアルミハーネスで市場の席巻狙う

アクセスランキングをもっと見る