ソニーのスマホクレードル搭載カーオーディオ「XSP-N1BT」が北陸の日産店舗で限定販売

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

ソニーのスマホクレードル搭載カーオーディオ「XSP-N1BT」が北陸の日産店舗で限定販売
  • ソニーのスマホクレードル搭載カーオーディオ「XSP-N1BT」が北陸の日産店舗で限定販売
  • ソニーがCES14で発表したスマートフォン・クレードル・レシーバー「XSP-N1BT」
  • ソニーのスマホクレードル搭載カーオーディオ「XSP-N1BT」が北陸の日産店舗で限定販売
ソニーのクレードル搭載カーオーディオユニット「XSP-N1BT」が、日産自動車の北陸エリア(石川・富山・福井)各ディーラー限定で販売が開始された。

XSP-N1BTは、2014年のCES(Consumer Electronics Show)で発表された2DINビルトインタイプのスマートフォン対応クレードルホルダーユニットで、スマートフォンをユニット正面のクレードルホルダーに固定して使用する。付属のUSBケーブルにより1.5Aの充電が可能で、ソニーのXperia(対応機種)であればマグネットコネクタによる急速充電が可能だ。

クレードルに装着可能な機種は幅150.7mmまで、高さ55-77mmまで、厚さ12mmまでのスマートフォンで、ソニーの「Xperia」シリーズ(Z1/Z2/Z3)、サムスン「Galaxy」シリーズ(S4/S5)、アップル「iPhone」シリーズ(5/5S/5c/6/6 Plus)などの主要機種に対応している(機種により機能制限あり)。

Bluetoothでスマートフォンと本機を連携させることでBluetoothオーディオが利用できるだけでなく、ソニーが提供しているスマートフォン向けアプリ「SongPal」(Android/iOSに対応)を利用することで、ヘッドユニットの基本操作やアプリの音声による呼び出しが可能(音声操作はAndroid端末のみ)。SongPalでは車内の音場再生効果を高める「タイムアラインメント」や10バンドイコライザーをはじめとした各種の音質調整機能を利用でき、メール、SNS、カレンダー等の自動読み上げも実現している。なお、NFC対応スマートフォンであれば、ワンタッチのBluetoothペアリングが可能となっている。

2DIN一体型アンプとしてはクラス初の55W×4(最大)のハイパワー4チャンネルアンプを内蔵。スマートフォンとの接続なしでも、FM/AMラジオやCD、USB接続によるiPodの再生にも対応となっている。価格はオープン。

ソニーは2012年にPND「nav-u」の製品出荷を終了して以来、OEMを除く国内の車載器事業からは遠ざかっていたが、今回のXSP-N1BTの発売により約3年ぶりの再参入となった。現状では北陸の日産ディーラーのみでの取り扱いとなるが、今後の販路拡大などは明らかになっていない。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 テクノロジー アクセスランキング

  1. トヨタ、伊勢志摩サミットに新型自動運転実験車を提供

    トヨタ、伊勢志摩サミットに新型自動運転実験車を提供

  2. カーAVC出荷実績、カーナビが5か月ぶりのプラス…4月 JEITA調べ

    カーAVC出荷実績、カーナビが5か月ぶりのプラス…4月 JEITA調べ

  3. ナビタイム、法人向け運行管理サービスに降雨レーダー機能を追加

    ナビタイム、法人向け運行管理サービスに降雨レーダー機能を追加

  4. 無料ナビアプリ三つ巴対決、一番使いやすいのはどのアプリだ

  5. 【人とくるまのテクノロジー16】ヴァレオ、ステートLiDARセンサーを世界初展示

  6. 革新の新カーオーディオ、クラリオン「Full Digital Sound」搭載プロショップ・デモカーを聴く

  7. 【官能カーオーディオ!】「イコライザー」で“音”の雰囲気が一変!…“予算0円”のチューニング術

  8. タタの超低価格車、ナノ …インドの衝突安全テストに失格

  9. ブランド体験を象徴するナビゲーション、 アウディ と レクサス の最新モデルを試す

  10. デモカー製作者が語る…クラリオン『Full Digital Sound』の革新性と期待値

アクセスランキングをもっと見る