コンチネンタル、統合センサーモジュールを開発…トヨタ セーフティ・センスCに搭載

自動車 テクノロジー 安全

トヨタ セーフティ・センスC
  • トヨタ セーフティ・センスC
  • センサーモジュールMFL
コンチネンタルは、カメラとレーザーレーダーをコンパクトユニットに統合したセンサーモジュールMFLを開発し、大量生産を開始。衝突回避支援パッケージ「トヨタ セーフティ・センスC」に搭載されている。

MFLは、カメラと対象物との距離を10cmまで正確に計測できるレーザーレーダーの各利点を合わせ、車両前方の障害物を検知。衝突の危険がある場合には、ドライバーにブザーとディスプレイ表示で警告する。衝突が避けられないとクルマが判断した場合には、自車速度約10~80km/hの幅広い速度域で自動ブレーキを作動し、衝突回避を支援する。

MFLモジュールは自動ブレーキや車線逸脱による事故に備えるレーンディパーチャーアラートのほか、レーンキーピングシステム(LKS)、道路標識認識(TSR)といったドライバー支援システム機能をオプションとして追加することもできる。
《纐纈敏也@DAYS》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品