大型バイクの世代別所有率、1位はオジサンではなく20代…ヤマハ調べ

モーターサイクル 企業動向

ヤマハ・MT-07(参考画像)
  • ヤマハ・MT-07(参考画像)
  • ヤマハ TRICITY 125(トリシティ125)
  • バイク免許を取得した時期
  • 取得済みのバイク免許の種類(世代別)
  • 取得済みのバイク免許の種類(男女別)
  • 現在所有しているバイクの排気量
  • 現在取得済みのバイク免許の種類
ヤマハ『トリシティ』のファンサイト「TRICITY LMW部」は、バイク免許を持つ20代~50代男女620名を対象にアンケート調査を実施。その結果を発表した。

バイク免許を取得した時期については、約80%が29歳までに免許取得と回答。さらに、50%のライダーが19歳までに免許を取得していることが分かった。

取得済みのバイク免許の種類は、「普通二輪」が45.8%、「原付」が31.3%、「大型二輪」が18.4%の順。世代ごとの比較では、「大型二輪」の取得率が最も高いのは50代で21.3%、最も低い世代は30代の15.4%となった。また、普通二輪以上の免許取得者は男性が76.7%に対して女性は39%。小型二輪以下の免許取得率は男性23.3%に対して女性61%と、バイク免許のカテゴリ毎の取得率に明確な差があることが明らかとなった。

所有するバイクの排気量は、「50cc以下」が34.7%で最多。次いで「51cc~125cc」が18.4%、さらに「126cc~250cc」が17.7%と続き、排気量が小さい順に人気が集まる傾向がみられた。世代別では、「リターンライダー=大型バイク」のように、比較的年齢の高い世代に401cc以上の大型バイク所有者が多いイメージに反する形で、401cc以上の大型バイク所有率が最も高い世代は20代の14.8%で、最も低い世代は40代の7.7%となった。

また、バイクに憧れを抱いたきっかけについては、30代では「仮面ライダーシリーズ」「疾風伝説 特攻の拓」、40代では「バリバリ伝説」、50代前半では「750ライダー」、50代後半では「イージー・ライダー」が多く、世代ごとに憧れの作品が偏る形で回答が集まった。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. 【人とくるまのテクノロジー16】ヤマハ、日本未発表の欧州向け最高峰モデル MT-10 を展示…跨りOK

    【人とくるまのテクノロジー16】ヤマハ、日本未発表の欧州向け最高峰モデル MT-10 を展示…跨りOK

  2. ゴールデンボンバー、ホンダの原付イメージキャラ続投

    ゴールデンボンバー、ホンダの原付イメージキャラ続投

  3. ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

    ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

  4. ヤマハ発動機、「マスターオブトルク」完結編を配信開始…舞台は富士山麓

  5. 二輪車向け世界初「サイドビューアシスト」、初めての搭載はマキシ・スクーターから...ボッシュ

  6. ヤマハ XSR900 発売、レトロスタイルの新型ロードスポーツ

  7. 【東京モーターショー15】スズキ、原付クロスバイク「フィール フリー ゴー!」を世界初公開

  8. 【ホンダ アフリカツイン 試乗】タフな旅バイクはダートの走破性も抜群…青木タカオ

  9. ヤマハ、125ccスクーター NMAX 発売…BLUE COREエンジンを国内初投入

  10. ホンダ NC750X、新型発売…LEDヘッドライト採用などスタイリング一新

アクセスランキングをもっと見る