大型バイクの世代別所有率、1位はオジサンではなく20代…ヤマハ調べ

モーターサイクル 企業動向

ヤマハ・MT-07(参考画像)
  • ヤマハ・MT-07(参考画像)
  • ヤマハ TRICITY 125(トリシティ125)
  • バイク免許を取得した時期
  • 取得済みのバイク免許の種類(世代別)
  • 取得済みのバイク免許の種類(男女別)
  • 現在所有しているバイクの排気量
  • 現在取得済みのバイク免許の種類
ヤマハ『トリシティ』のファンサイト「TRICITY LMW部」は、バイク免許を持つ20代~50代男女620名を対象にアンケート調査を実施。その結果を発表した。

バイク免許を取得した時期については、約80%が29歳までに免許取得と回答。さらに、50%のライダーが19歳までに免許を取得していることが分かった。

取得済みのバイク免許の種類は、「普通二輪」が45.8%、「原付」が31.3%、「大型二輪」が18.4%の順。世代ごとの比較では、「大型二輪」の取得率が最も高いのは50代で21.3%、最も低い世代は30代の15.4%となった。また、普通二輪以上の免許取得者は男性が76.7%に対して女性は39%。小型二輪以下の免許取得率は男性23.3%に対して女性61%と、バイク免許のカテゴリ毎の取得率に明確な差があることが明らかとなった。

所有するバイクの排気量は、「50cc以下」が34.7%で最多。次いで「51cc~125cc」が18.4%、さらに「126cc~250cc」が17.7%と続き、排気量が小さい順に人気が集まる傾向がみられた。世代別では、「リターンライダー=大型バイク」のように、比較的年齢の高い世代に401cc以上の大型バイク所有者が多いイメージに反する形で、401cc以上の大型バイク所有率が最も高い世代は20代の14.8%で、最も低い世代は40代の7.7%となった。

また、バイクに憧れを抱いたきっかけについては、30代では「仮面ライダーシリーズ」「疾風伝説 特攻の拓」、40代では「バリバリ伝説」、50代前半では「750ライダー」、50代後半では「イージー・ライダー」が多く、世代ごとに憧れの作品が偏る形で回答が集まった。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. ハーレーの新型エンジン『ミルウォーキーエイト』…油冷エンジンと言えます

    ハーレーの新型エンジン『ミルウォーキーエイト』…油冷エンジンと言えます

  2. ハーレー 2017年全32モデル発売、ツーリングファミリーに新エンジン搭載

    ハーレー 2017年全32モデル発売、ツーリングファミリーに新エンジン搭載

  3. 【東京モーターサイクルショー16】ヴィクトリー オクテイン、日本初公開…水冷エンジン搭載

    【東京モーターサイクルショー16】ヴィクトリー オクテイン、日本初公開…水冷エンジン搭載

  4. カワサキ ZRX1200 DAEG、生産終了へ…ファイナルエディション発売

  5. 【リコール】カワサキ ZRX1200 DAEG、オーバーヒートのおそれ

  6. 4速ATで気軽に乗れる FX110、輸入販売開始…前後21インチホイール採用

  7. 東武線で「西武」ヘッドマーク列車 8月24日から運転

  8. 【スズキ GSR250F 試乗】“250ツアラー”、競合フルカウルとは明確な違い…青木タカオ

  9. ドッペルギャンガー、ツーリング先で気軽に火を楽しめる新アイテム発売

  10. 哀川翔は強化ガラスを割ったのか?---本人が語る真相

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら