HERE社、自動運転実験用の高精度地図データを作成…日本版は2015年後半に提供開始

自動車 テクノロジー 安全

高精度3次元地図データ
  • 高精度3次元地図データ
ノキアの地図事業HEREは、米国、フランス、ドイツ、日本の4か国において、自動車関連企業に対して、一部の公道の高精度3次元地図データの提供を開始している。

HEREは、自社保有のLiDAR(レーザーレーダー)を装備した計測車両と高機能な処理技術を使用して高精度3次元地図データ(HD Map)を開発。この取り組みの中で、自動運転プロジェクト用の専用道路地図を作成した。

HEREは今回初めて、すべての自動車メーカーと自動車関連サプライヤーに対し、実験用に米国のシリコンバレーとミシガン州、フランス、ドイツの特定範囲のHD Mapを提供した。また、2015年後半には、東名高速の東京近郊部分のルート地図を作成し、日本向けのデータも提供する予定だ。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 テクノロジー アクセスランキング

  1. 無料ナビアプリ三つ巴対決、一番使いやすいのはどのアプリだ

    無料ナビアプリ三つ巴対決、一番使いやすいのはどのアプリだ

  2. 【官能カーオーディオ!】車内で“スマホ”を聴く方法、最新事情パート2…“AUX”&“USB”編

    【官能カーオーディオ!】車内で“スマホ”を聴く方法、最新事情パート2…“AUX”&“USB”編

  3. 【IIHS衝突安全】ヒュンダイ エラントラ 新型…最高評価

    【IIHS衝突安全】ヒュンダイ エラントラ 新型…最高評価

  4. 【官能カーオーディオ!】「イコライザー」で“音”の雰囲気が一変!…“予算0円”のチューニング術

  5. 【セーフティアイテム最新事情】死角の障害物を捕捉…プロも認めるセンサー

  6. フルデジタルサウンドヘッドホン「ZH700FF」、クラリオンが発売

  7. ダイハツ ムーヴに「楽ナビ」取付けてみた…思わぬ所に落とし穴も?

  8. 【日産 プロパイロット】東名高速の300Rを100km/hで曲がれるか?

  9. 【カーオーディオ雑学】「インナーバッフル」音響パーツとしての役割

  10. 【GARMIN fenix 2J インプレ前編】あらゆる屋外スポーツに対応した“万能計器”

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら