東芝など、福島第一原発向け原子炉格納容器内部調査ロボットを開発

自動車 テクノロジー 安全

原子炉格納容器内部調査ロボット(配管内走行時形状)
  • 原子炉格納容器内部調査ロボット(配管内走行時形状)
  • 原子炉格納容器内部調査ロボット(原子炉格納容器内部調査時形状)
東芝と国際廃炉研究開発機構(IRID)は6月30日、福島第一原子力発電所向け原子炉格納容器内部調査ロボットを開発したと発表した。7月に操作訓練を実施し、8月中を目途に現場に投入する。

福島第一原子力発電所の2号機では、燃料デブリの取り出し手順や工法を検討するため、燃料デブリの分布状況の確認が求められている。新開発したロボットを活用した調査は、次年度以降の原子炉格納容器底部付近の調査に向け、原子炉格納容器内でプラットホーム上の落下物や損傷の有無、状態などを確認するとともに、原子炉格納容器底部付近へのアクセスルートの状態を確認することを目的としている。

新開発したロボットは、2台のカメラやLEDライト、放射線量計、温度計を搭載した長さ約54cm、幅約9cm、高さ約9cm、重量5kgの小型ロボット。有線ケーブルで遠隔操作し、直径約10cm程度のパイプの中を通りぬけて格納容器内に進入する予定だ。ロボット後方にはLEDライトとカメラを搭載。格納容器の中心付近では、ロボットの後方をサソリの尾のように反りあがらせ、LEDライトで周辺を照射し、暗闇や霧の中でも広範囲の撮影が可能となる。また、走行中に倒れても、自力で復帰可能な機構も搭載している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 テクノロジー アクセスランキング

  1. 【カーオーディオ雑学】「インナーバッフル」の役割とは

    【カーオーディオ雑学】「インナーバッフル」の役割とは

  2. フルデジタルサウンドの試聴会で実感…AV Kansai / クラリオン

    フルデジタルサウンドの試聴会で実感…AV Kansai / クラリオン

  3. テスラ、米メディアに反論…「自動運転機能の無効化は理解できない」

    テスラ、米メディアに反論…「自動運転機能の無効化は理解できない」

  4. 万が一の交通事故。その時『ドライブレコーダー』は、本当に役立つのか。保険会社に訊く!

  5. 無料ナビアプリ三つ巴対決、一番使いやすいのはどのアプリだ

  6. 【日産 プロパイロット】東名高速の300Rを100km/hで曲がれるか?

  7. ホンダとソフトバンク、「感情」を持つモビリティの共同研究を開始

  8. ロックフォード、高性能小型パワーアンプ「Fosgate T400X2ad」登場

  9. 【官能カーオーディオ!】車内で“スマホ”を聴く方法、最新事情パート2…“AUX”&“USB”編

  10. ガーミン、トライアスロン向けGPSウォッチに新モデル…光学式心拍計を搭載

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら