【ストラーダ 美優Navi RX01】7月1日にVICSワイド対応するフラッグシップナビ[写真蔵]

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

市販カーナビとしては初めて、ブルーレイディスクプレーヤーを本体に内蔵したパナソニック「ストラーダ」の最上位機種が“美優Navi”こと「CN-RX01WD」(200mmワイド幅モデル)および「CN-RX01D」(180mm標準幅モデル)だ。

DSRC車載器や外部カメラなどとの優れた拡張性を備え、この4月から提供が始まった交通情報サービス「VICSワイド」にも7月1日にバージョンアップで対応予定。多機能性が評判のストラーダ最上位モデルに、便利な機能が追加される。


◆7月1日にバージョンアップファイルを配布、VICSワイドに対応

「VICSワイド」は、従来のFM-VICSの規格を拡張したもので、FM多重放送の伝送容量を約2倍に拡大。一般道の交差点間など、一定区間の通過に要する時間や、プローブ情報を活用した道路交通情報を提供する。これにより、一般道も含めたダイナミックルートガイダンス(DRGS)が可能になり、目的地までの所要時間の把握や交通状況に応じたルート選択が可能になる。また、ドライバーに緊急情報や運転に支障をきたす豪雨エリア情報を提供することで安全運転を支援する。

7月1日からパナソニックの公式Webサイトから配布されるバージョンアップファイルをRX01に適用することで利用可能になる。


◆優れた拡張性、AV機能もフラッグシップならではの充実度

豊富な拡張性も本機の特徴。いくつか主要なオプション機器を紹介したい。

まず後部座席用のカメラ付きリアモニター「CA-RMC900D」(別売)。前面にカメラユニットが搭載されており、家族が高画質映像を楽しむ間、ドライバーはカーナビ画面上で後席の子どもやペットのようすを見守ることもできる。

また、美優Navi専用ドライブレコーダー「CA-DR01D」(別売)。高感度・高画質が売りのドライブレコーダーで、ナビ画面上で動画再生や設定などの操作が可能だ。1280×720のハイビジョン画質で、トンネルや夜間などの暗所でも明るい映像を実現している。

フロントインフォディスプレイ「CY-DF100D」(別売)との連携も可能。案内だけでなく、制限速度や一時停止の注意喚起などもおこなうため、ドライバーの視線移動を最小限にとどめた安全運転サポートを実現している。


◆市販カーナビ初、ブルーレイプレイヤーを本体に内蔵

本機の発表当初に話題となったのが、ブルーレイディスクを本体に内蔵したこと。ブルーレイディスクはDVDの5倍以上の容量を持つ光学ディスクで、。高画質なハイビジョン映像を収録でき、DVDと同等レベルの画質であれば最大で50時間近い映像も収録が可能だ。ハイレゾ音源を記録したBDオーディオを48KHz/20bitに変換して再生することもできる。

オーディオ面では「スタジオマスターサウンド」にこだわった再生モード「音の匠」がリニューアル。1画面で「NAGOMI 会話重視」「KIWAMI 高域強調」「TAKUMI マスターサウンド」から選択できるほか、13バンドEQで音の匠をベースに好みの音質に調整が可能だ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 テクノロジー アクセスランキング

  1. 【JNCAP2015】マツダ CX-3、ファイブスター賞を最高得点で受賞

    【JNCAP2015】マツダ CX-3、ファイブスター賞を最高得点で受賞

  2. 【人とくるまのテクノロジー16】Aピラーは細く軽く…視野角広げるティッセンクルップの「スリムAピラー」

    【人とくるまのテクノロジー16】Aピラーは細く軽く…視野角広げるティッセンクルップの「スリムAピラー」

  3. フロントスピーカーの「鳴らし方」考察…クロスオーバーさせるメリットは

    フロントスピーカーの「鳴らし方」考察…クロスオーバーさせるメリットは

  4. ガーミン、GPS機能付アウトドアウォッチ fenix3J にスワロフスキーモデルを追加

  5. タタの超低価格車、ナノ …インドの衝突安全テストに失格

  6. 【ユーロNCAP】ルノーの超小型車、トゥイジー…衝突安全テストに失格

  7. 日産の自動運転技術搭載車、伊勢志摩サミットでEUのトゥスク議長が試乗

  8. 無料ナビアプリ三つ巴対決、一番使いやすいのはどのアプリだ

  9. 【NHTSA】中国製EVセダン、前面衝突テストに失格…2つ星評価

  10. 【GARMIN VIRB-J XE インプレ後編】動画&OBDデータで実現する、クルマの新しい楽しみ方

アクセスランキングをもっと見る