2015年米国初期品質でポルシェ首位、韓国躍進…JDパワー

自動車 ビジネス 企業動向

ポルシェ 911カレラ
  • ポルシェ 911カレラ
  • キア ソウル
  • 新型ヒュンダイ ツーソン
J.D.パワーは6月17日、「2015年米国自動車初期品質調査」の結果を公表した。ブランド別の初期品質ランキングでは、ポルシェが3年連続で首位を獲得した。

今年で29年目となる同調査は、2015年モデルを新車で購入またはリースした顧客を対象に、納車から90日後の初期品質について調査した。質問項目は、製造不具合や設計不具合など合計233項目。調査は2015年2月から5月にかけて行われ、8万4000人以上から回答を得た。

ブランド別の初期品質調査の結果は、100台当たりの不具合指摘件数、PPの少ない順にランキング。トップ10は以下の通り。

1:ポルシェ(80PP)
2:キア(86PP)
3:ジャガー(93PP)
4:ヒュンダイ(95PP)
5:インフィニティ(97PP)
6:BMW(99PP)
7:シボレー(101PP)
8:リンカーン(103PP)
9:レクサス/トヨタ(104PP)
10:ビュイック(105PP)

※業界平均は112PP。

ポルシェが3年連続の首位を獲得。また、韓国のキアが、前回調査から20PP改善して、2位に入った。初期品質調査において、キアが非プレミアム系ブランドのトップとなったのは、調査開始以来、初めて。また、4位には、同じく韓国のヒュンダイが入り、韓国ブランドの初期品質の向上ぶりを印象づけた。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 国内外の設計開発に触れながら自分を成長させる場がある ― エンジニアに訊くZFの魅力

    国内外の設計開発に触れながら自分を成長させる場がある ― エンジニアに訊くZFの魅力

  2. 三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

    三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

  3. 【スバルファンミーティング】BRZ ターボ化の可能性は…「頑張れば2.5Lなら」開発者トークショー

    【スバルファンミーティング】BRZ ターボ化の可能性は…「頑張れば2.5Lなら」開発者トークショー

  4. マツダ藤本常務「アメリカ市場は基本的に厳しいが、踏ん張り時」

  5. マツダ青山執行役員、国内販売大幅減も「正価販売は今後も継続する」

  6. 日産のグローバル生産台数、過去最高…48万7908台 6月実績

  7. ピックアップとSUVの間、端正でマッスルな日産 NP300 ナバラ [フォトレポート]

  8. スバル富士重、国内外販売好調…総生産台数は8か月連続プラス 6月実績

  9. スバル富士重 吉永社長「今秋の インプレッサ 皮切りに毎年新車を投入」

  10. 「フェラーリやってます」輸入車販売のニコル、横浜でモーターショー

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら