TEAM無限、2連覇、2連続で1-2フィニッシュ...マン島TT

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

TEAM無限、2連覇、2連続で1-2フィニッシュ...マン島TT
  • TEAM無限、2連覇、2連続で1-2フィニッシュ...マン島TT
  • TEAM無限、2連覇、2連続で1-2フィニッシュ...マン島TT
  • TEAM無限、2連覇、2連続で1-2フィニッシュ...マン島TT
  • TEAM無限、2連覇、2連続で1-2フィニッシュ...マン島TT
TEAM無限(宮田明宏チーム監督)のジョン・マクギネス(John McGuinness)とブルース・アンスティ(Bruce Anstey)が、1-2フィニッシュで、チェッカーフラッグを受けた。

10日18時45分(日本時間)にスタートしたマン島TTのEVバイククラス「TT ZERO Challenge」の決勝で、昨年に引き続いての優勝。共に戦ったマシン「神電 四」(SHINDEN YON)、その日の丸EVの評価を不動のものにした。結果は以下の通り。

1. #1 John McGuiness / TEAM MUGEN / 18分58秒743 / 119.270mph(192kph)
2 .#5 Bruce Anstey / TEAM MUGEN / 19分02秒785 / 118.857mph (191kph)

マクギネス、アンスティ両者の記録は、14年のタイムを共に上回った。昨年の覇者であるマクギネスは19分17秒300(04年記録)を上回り、現状では新記録だ。ただ、チームが目標とした平均時速120マイルには惜しくも届かなかった。

「TT ZERO Challenge」には神電四を含めて7台が出走し、6台が完走した。このクラスは、参加マシンのCO2排出量がゼロを意味する。マン島マウンテンコース約60kmを、いかに速く走るかを競うもので、その周回数は1周。メカニック、選手ともに1ラップ1チャンスに賭けるレースだった。
《中島みなみ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 【鈴鹿8耐】第39回大会が開幕、初日フリー走行はヤマハ・ファクトリーが最速

    【鈴鹿8耐】第39回大会が開幕、初日フリー走行はヤマハ・ファクトリーが最速

  2. 【バイク芸人トーク】チュートリアル 福田×レイザーラモン RG、鈴鹿8耐“あるある”を披露

    【バイク芸人トーク】チュートリアル 福田×レイザーラモン RG、鈴鹿8耐“あるある”を披露

  3. 360度自動撮影の キューブ シャッタールーム、日産本社ギャラリーで体感イベント開始 7月31日まで

    360度自動撮影の キューブ シャッタールーム、日産本社ギャラリーで体感イベント開始 7月31日まで

  4. 【鈴鹿8耐】ポル・エスパルガロ「8耐での勝利は僕にパワーをくれた、だから今年も勝ちたい」

  5. 怪物780馬力、ヒルクライム最速のスバル インプレッサ[動画]

  6. 隅田川花火大会、首都高速が一部通行止め 7月30日

  7. 【新聞ウォッチ】帰省にマイカー、LCC利用が急増…節約志向の強い夏休み

  8. スバル 360、「てんとう虫」が機械遺産に認定

  9. 【グッドウッド16】780馬力 インプレッサ がヒルクライム最速、マクラーレンP1 超えた

  10. 【新聞ウォッチ】「ポケモンGO」止まない運転中の衝突事故、道交法違反…任天堂株はストップ安

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら