GMの小型EV、「BOLT」の名称使えず…ヤマハに商標権

自動車 ビジネス 企業動向

シボレー ボルト(BOLT)
  • シボレー ボルト(BOLT)
  • ヤマハの「ボルト」(XVS950CUボルトシリーズ)
米国の自動車最大手、GMのシボレーブランドが、2016年後半の発売を計画している新型EV、『BOLT』(ボルト)。GMが米国当局に提出していたBOLTの商標登録の申請が、却下されていたことが分かった。

これは5月27日、米国の特許商標庁が明らかにしたもの。「GMから出されていたBOLTの商標登録申請を、却下する旨を通知した」と公表している。

BOLTの商標登録申請が、認められなかった理由は何か。それは、すでにBOLTの名称が、別の企業に商標登録されていたため。

二輪メーカーのヤマハが2012年夏、米国でBOLTの商標登録をおこなっていた。ヤマハの『BOLT』(ボルト)は、950ccのV型2気筒エンジンを積む大型のクルーザータイプで、2013年4月、北米市場に投入。日本国内でも同年12月、発売された。

二輪と四輪の違いはあるが、米当局は今回、GMの商標登録申請を認めなかった。GMは2016年の市販までに、新型EVの名称変更を迫られることになる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

    ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  2. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

    燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  3. ホビージャパン、新型NSX の高品質1:18スケールモデルを発売

    ホビージャパン、新型NSX の高品質1:18スケールモデルを発売

  4. 「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

  5. 【人とくるまのテクノロジー16】運転支援「次の一手」、開発中の技術を紹介…マツダ

  6. マツダ、SKYACTIV-Dの燃焼室構造が全国発明表彰 恩賜発明賞を受賞

  7. 【人とくるまのテクノロジー16】 クラリティ の大小水素タンク2本が丸見え、 MIRAI との違い…ホンダ

  8. 日産ミスフェアレディに新人8名…総勢21名の2016年度新体制発表

  9. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  10. 【人とくるまのテクノロジー16】現行 リーフ の倍、60kWhバッテリーを参考出品…日産

アクセスランキングをもっと見る