新車登録台数、4位マツダが60%増と躍進…5月ブランド別

自動車 ビジネス 国内マーケット

マツダ CX-3
  • マツダ CX-3
  • ホンダ フィット ハイブリッド
  • トヨタ アクア
日本自動車販売協会連合会が発表した5月のブランド別新車登録台数(軽を除く)によると、首位トヨタは同1.1%減の9万3438台、ホンダが2万6623台(前年同月比11.5%減)で2か月連続で2位となった。

3位日産は同3.8%減の2万5524台。4位マツダは『CX-3』の好調な販売もあり、同60.3%増の1万6872台と大きく数字を伸ばした。

1位:トヨタ 9万3438台(1.1%減)
2位:ホンダ 2万6623台(11.5%減)
3位:日産  2万5524台(3.8%減)
4位:マツダ 1万6872台(60.3%増)
5位:スバル 6635台(3.5%増)
6位:スズキ 4475台(22.9%減)
7位:いすゞ 4164台(2.6%減)
8位:日野  3453台(27.8%増)
9位:レクサス 3036台(23.9%増)
10位:三菱ふそう 2607台(4.1%増)
11位:三菱自動車 2041台(13.1%減)
12位:UDトラックス 808台(12.1%増)
13位:ダイハツ 109台(28.8%減)
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. メルセデス SLK、米国でリコール…ヘッドライトに不具合

    メルセデス SLK、米国でリコール…ヘッドライトに不具合

  2. ホンダ欧州販売…33.5%増の8.8万台、ヴェゼル が牽引 上半期

    ホンダ欧州販売…33.5%増の8.8万台、ヴェゼル が牽引 上半期

  3. 三菱 ランエボ など、米国でリコール…サス部品脱落のおそれ

    三菱 ランエボ など、米国でリコール…サス部品脱落のおそれ

  4. テスラ、カーシェアリングに進出へ…自動運転との連携も視野に

  5. いすゞ自動車、GMとの次世代ピックアップトラックの共同開発を中止…単独で開発へ

  6. 村田製作所、車載カメラに最適な巻線インダクタを商品化

  7. バス乗車券の予約から乗車券提示までスマホアプリで---「BUS PAY」提供開始

  8. テスラ、ソーラールーフ開発へ…エネルギー生産と貯蔵を統合

  9. 【池原照雄の単眼複眼】出発点は「謙虚」…マツダの新しい走り「G-ベクタリング」

  10. シャープ、交通監視用カメラ向け4/3型CCDを開発…業界トップクラスの感度実現

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら