ホンダ フィット 新型、米10ベストインテリア2015を受賞

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

新型 ホンダ フィット 米国仕様
  • 新型 ホンダ フィット 米国仕様
  • ホンダ・新型フィット(北米仕様車)
  • 新型 ホンダ フィット 米国仕様
米国の『ワーズオートワールド』誌は4月16日、新型ホンダ『フィット』を、「10ベストインテリアオブ2015」の1台に選出すると発表した。

この賞は、北米で唯一、車のインテリアに着目したアワード。2014年に北米市場に投入された新型車とマイナーチェンジ車を対象に、同誌の編集者が、優れたインテリアを持つモデルを選び出す。

選考基準は、デザイン、快適性、情報表示のわかりやすさ、クオリティ、安全性など。ちなみに、同誌が毎年発表している「エンジンオブザイヤー」は、エンジンを基準に選ぶエンジンオスカーとして有名。

新型フィットの米国仕様車は2014年1月、デトロイトモーターショー14で発表。米国仕様では、直噴1.5リットル直列4気筒ガソリン「i-VTEC」エンジンのみを設定する。3世代目となる新型から初めて、北米現地生産車となり、メキシコのグアナファト州セラヤ市の新工場で、組み立てられている。

『ワーズオートワールド』誌は、新型フィットのインテリアについて、「3世代目は、さらに広くなった。新たな装備も採用。ロングホイールベース化のおかげで、後席足元の空間が増した」と評価している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 【ニュル24時間 2016】12時間経過:雹が降り赤旗中断、波乱の展開も日本勢は力強く周回

    【ニュル24時間 2016】12時間経過:雹が降り赤旗中断、波乱の展開も日本勢は力強く周回

  2. 浅間ヒルクライム2016開催、60年代モデルから最新マクラーレンまで120台が走る…29日まで

    浅間ヒルクライム2016開催、60年代モデルから最新マクラーレンまで120台が走る…29日まで

  3. 【F1 モナコGP】ダニエル・リチャルドが初のポールポジションを獲得

    【F1 モナコGP】ダニエル・リチャルドが初のポールポジションを獲得

  4. 【サーキット美人2016】SUPER GT 編『レーシング ミク サポーターズ 2016』

  5. 【ニュル24時間 2016】9号車メルセデスAMGがポールポジション、日本勢もクラス優勝ねらう

  6. GP2シリーズ参戦2年目の松下信治、モナコ第2レースで今季初優勝

  7. 日産×三菱提携が生む新車を大予想…ベストカー2016年6月26日号

  8. 【第100回 INDY500】カーブ・デイ、トニー・カナーンが最速! 琢磨は15番手

  9. 【第100回 INDY500】 佐藤琢磨「フィーリングがぜんぜん着いて来ない」…カーブ・デイ

  10. 【INDYCAR】2016年開催スケジュール…第100回インディ500は5月29日決勝

アクセスランキングをもっと見る