スズキ、二輪のルマン24時間で優勝…2位カワサキに7周差

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ヴァンサン・フィリップ(スズキ)
  • ヴァンサン・フィリップ(スズキ)
  • ヴァンサン・フィリップ(スズキ)
  • ヴァンサン・フィリップ(スズキ)
  • ヴァンサン・フィリップ(スズキ)
  • 表彰台
4月19日、フランスで開催された世界耐久選手権第1戦「ル・マン24時間耐久レース」で、スズキ『GSX-R1000』を駆ったスズキフランスの「SERT:スズキ エンデュランス レーシングチーム(ヴァンサン・フィリップ/アンソニー・デラール/エティエンヌ・マッソン)」が833周して優勝した。

一方スーパーストッククラスに出場のスズキジュニアチームLMS(バプティスト・ギテ、グレッグ・ブラック、ロマン・メトル)もクラス優勝を果たし、総合でも4位となる健闘を見せた。

スタート後ちょうど1時間が経過した頃、デラールがハイスピードからのスライドダウンで転倒を喫すアクシデントに見舞われた。しかしフィリップとマッソンの懸命の力走により、5時間を過ぎた頃にSERTはトップに立つと、その後も2番手チームとのラップ差を増やしながらトップをキープ。最後は2位のチームSRCカワサキに7ラップ差をつけての圧勝となった。

■ル・マン24時間耐久レース
1位:SERT 833周
2位:SRC KAWASAKI 826周
3位:TEAM BOLLIGER SWITZERLAND 821周
4位:JUNIOR TEAM LE MANS SUD SUZUKI 821周
5位:GMT94 YAMAHA 819周
《纐纈敏也@DAYS》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品