スズキ、二輪のルマン24時間で優勝…2位カワサキに7周差

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ヴァンサン・フィリップ(スズキ)
  • ヴァンサン・フィリップ(スズキ)
  • ヴァンサン・フィリップ(スズキ)
  • ヴァンサン・フィリップ(スズキ)
  • ヴァンサン・フィリップ(スズキ)
  • 表彰台
4月19日、フランスで開催された世界耐久選手権第1戦「ル・マン24時間耐久レース」で、スズキ『GSX-R1000』を駆ったスズキフランスの「SERT:スズキ エンデュランス レーシングチーム(ヴァンサン・フィリップ/アンソニー・デラール/エティエンヌ・マッソン)」が833周して優勝した。

一方スーパーストッククラスに出場のスズキジュニアチームLMS(バプティスト・ギテ、グレッグ・ブラック、ロマン・メトル)もクラス優勝を果たし、総合でも4位となる健闘を見せた。

スタート後ちょうど1時間が経過した頃、デラールがハイスピードからのスライドダウンで転倒を喫すアクシデントに見舞われた。しかしフィリップとマッソンの懸命の力走により、5時間を過ぎた頃にSERTはトップに立つと、その後も2番手チームとのラップ差を増やしながらトップをキープ。最後は2位のチームSRCカワサキに7ラップ差をつけての圧勝となった。

■ル・マン24時間耐久レース
1位:SERT 833周
2位:SRC KAWASAKI 826周
3位:TEAM BOLLIGER SWITZERLAND 821周
4位:JUNIOR TEAM LE MANS SUD SUZUKI 821周
5位:GMT94 YAMAHA 819周
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 父親のブガッティ ヴェイロン、13歳少年が全開走行…325km/h出す[動画]

    父親のブガッティ ヴェイロン、13歳少年が全開走行…325km/h出す[動画]

  2. 【鈴鹿8耐】決勝前は走りも見られる! 史上最速のNinja H2Rたちを披露

    【鈴鹿8耐】決勝前は走りも見られる! 史上最速のNinja H2Rたちを披露

  3. 【鈴鹿8耐】ポル・エスパルガロがポールポジション獲得…2年連続の2分06秒台

    【鈴鹿8耐】ポル・エスパルガロがポールポジション獲得…2年連続の2分06秒台

  4. 【鈴鹿8耐】4耐決勝は波乱の展開に…優勝はAstra Honda Racing Team

  5. 【鈴鹿8耐】連覇に手応えあり…YAMAHA FACTORY RACING TEAM 吉川和多留監督

  6. 【サーキット美人2016】サーキットレディ編『2016 岡山国際サーキットクイーン』

  7. 【鈴鹿8耐】ヤマハ・ファクトリーが唯一の2分06秒台で予選トップタイムを記録

  8. 【サーキット美人2016】SUPER GT 編『R'Qs triplets』

  9. スーパーカー4台がトーナメントで激突! 勝負の行方は…[動画]

  10. トヨタ スープラ 後継車…2.5ハイブリッドターボで400psレベルか

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら