韓国「国際スペースキャンプ2015」、中高生の参加を募集

宇宙 エンタメ・イベント

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、「国際スペースキャンプ2015」の参加者を募集すると発表した。

「国際スペースキャンプ2015」は、アジア・太平洋地域宇宙機関会議(APRSAF)の宇宙教育分科会の活動の一環として行われるもので、JAXAが日本代表選抜を受託、中・高生を選抜派遣する。このため、宇宙、アジア諸国の同世代生徒たちと国際交流することに興味のある14~16歳の中高生を募集する。

今回の国際スペースキャンプは、韓国航空宇宙研究院(KARI)が主催し、7月20~24日まで韓国で開催される。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. 金星探査機「あかつき」に搭載の観測器が定常観測に移行…金星の観測を開始

    金星探査機「あかつき」に搭載の観測器が定常観測に移行…金星の観測を開始

  2. 無重力で骨重が減少するメカニズム、宇宙で飼育したメダカから解明…JAXAなど

    無重力で骨重が減少するメカニズム、宇宙で飼育したメダカから解明…JAXAなど

  3. 先進光学衛星がプロジェクトに移行へ…349億円投じ2019年末打ち上げ目指す

    先進光学衛星がプロジェクトに移行へ…349億円投じ2019年末打ち上げ目指す

  4. 金星探査機「あかつき」、金星雲の微細な凹凸の可視化に成功

  5. 国際宇宙ステーション「きぼう」からフィリピン第1号超小型衛星の放出に成功

  6. 宇宙ミュージアムTeNQ 開業2周年、新海誠監督とのコラボ企画展…7月1日~11月6日

  7. ジャパンホームシールド、JAXAと月面でも利用可能な地盤調査技術を共同研究

  8. JAXA、ISS「きぼう」に搭載したCALETで電子の集中豪雨を観測

  9. 小型ソーラーセイル実証機「IKAROS」、5回目の冬眠モードへ

  10. GPS・準天頂衛星システム 2018年は精度向上の年

アクセスランキングをもっと見る