人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

村田製作所のNFCチップを搭載、相手をぶっ壊すまで闘う“次世代ベーゴマ”

自動車 ビジネス 企業動向

タカラトミーは4月15日、東京・秋葉原で次世代ベーゴマ最新作「ベイブレードバースト」を発表。NFCチップを内蔵し、「相手をぶっ壊すまで闘う」という楽しさや、スマートフォンなどとの連携によるデータ連動といったコミュニケーション機能を新たに取り入れた。

このベイブレードバーストには、自動車のECUや加速度センサーなども製造する村田製作所の極小NFC(近距離無線通信技術)チップが搭載され、データの読み書きを可能とし、「自分だけのコマ」という個性を持たせるという。コマ本体と発射装置(ライトランチャー)、スマホ連動デバイス(ベイロガー)のセットは2200円。7月下旬から全国で発売される。

発表会見でタカラトミー副社長のH.G.メイ氏は、「タカラトミー90年の歴史のなかで“もっとも理想的なおもちゃ”。国境や言葉の壁を越えて世界中が夢中になるはず」と話していた。「国内発売後に海外でも順次展開し、2008年発売の第2世代(全世界出荷数約1億9千万個)を上回る販売を目指す」(同社)という。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. VWの独6工場、稼働を一時停止…サプライヤーとの対立が原因

    VWの独6工場、稼働を一時停止…サプライヤーとの対立が原因

  2. 米国高級車販売、メルセデスが首位…レクサスとBMW抑える 7月

    米国高級車販売、メルセデスが首位…レクサスとBMW抑える 7月

  3. パナソニック、業界最高容量のアイドリングストップ車用バッテリーを発売…寿命は1.8倍

    パナソニック、業界最高容量のアイドリングストップ車用バッテリーを発売…寿命は1.8倍

  4. 日本自動車セールス満足度、ラグジュリー部門でレクサスがV10達成…JDパワー

  5. 台風9号、JAFへのロードサービス依頼は534件

  6. ホンダ、熊本製作所が通常稼働を再開…震災から4か月

  7. 三菱 RVR など3車種、米国でリコール…CVTに不具合

  8. 自動車用ソーラーパワー換気扇、車内の温度上昇を抑制

  9. 国内初のリチウムイオンバッテリー搭載フォークリフト、トヨタL&Fが発売

  10. サスペンションが慣性エネルギーを電力に変換…アウディが開発

アクセスランキングをもっと見る