村田製作所のNFCチップを搭載、相手をぶっ壊すまで闘う“次世代ベーゴマ”

自動車 ビジネス 企業動向

タカラトミーは4月15日、東京・秋葉原で次世代ベーゴマ最新作「ベイブレードバースト」を発表。NFCチップを内蔵し、「相手をぶっ壊すまで闘う」という楽しさや、スマートフォンなどとの連携によるデータ連動といったコミュニケーション機能を新たに取り入れた。

このベイブレードバーストには、自動車のECUや加速度センサーなども製造する村田製作所の極小NFC(近距離無線通信技術)チップが搭載され、データの読み書きを可能とし、「自分だけのコマ」という個性を持たせるという。コマ本体と発射装置(ライトランチャー)、スマホ連動デバイス(ベイロガー)のセットは2200円。7月下旬から全国で発売される。

発表会見でタカラトミー副社長のH.G.メイ氏は、「タカラトミー90年の歴史のなかで“もっとも理想的なおもちゃ”。国境や言葉の壁を越えて世界中が夢中になるはず」と話していた。「国内発売後に海外でも順次展開し、2008年発売の第2世代(全世界出荷数約1億9千万個)を上回る販売を目指す」(同社)という。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【訃報】稲川スズキ元会長が死去

    【訃報】稲川スズキ元会長が死去

  2. トヨタ ヴィッツ、欧州累計生産300万台…15年で達成

    トヨタ ヴィッツ、欧州累計生産300万台…15年で達成

  3. 恋人に会うために使えるタクシー料金、あなたはいくら?…ゼンリンデータコム調査結果

    恋人に会うために使えるタクシー料金、あなたはいくら?…ゼンリンデータコム調査結果

  4. メルセデス世界販売17万台、BMWとアウディを抑える…5月

  5. ホンダ、タカタ製エアバッグで15万台追加リコール…マレーシア

  6. 出光興産の大株主、昭和シェル石油との経営統合に反対意見

  7. 富士重、「SUBARU」への社名変更を株主総会で決議

  8. 撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

  9. 豊田通商など、再生可能エネルギーから水素を製造・利活用するモデル事業を実施

  10. 日産、国内の女性管理職比率が9.1%に上昇…4人に1人は部長級以上

アクセスランキングをもっと見る