ホンダ、米工場の生産体制を再編…アコードハイブリッド は日本へ移管

自動車 ビジネス 企業動向

新型ホンダ アコード ハイブリッド(北米仕様)
  • 新型ホンダ アコード ハイブリッド(北米仕様)
  • 新型ホンダ アコード ハイブリッド(北米仕様)
  • 新型ホンダ アコード ハイブリッド(北米仕様)
ホンダは4月8日、北米における生産体制を再編すると発表した。

今回の生産再編は、北米市場でのさらなる成長を目指して行われるもの。現地で需要の大きい車種の生産を、今まで以上に重視することで、顧客のニーズに応えていく。

具体的には、米国のオハイオでの生産体制を、2016年モデルから変更。オハイオのイーストリバティ工場の生産車種を見直し、『CR-V』とアキュラ『RDX』の需要に見合う生産能力を確保する。

また、2017年の初頭からは、アキュラ『MDX』の生産もイーストリバティ工場で開始し、北米で販売が伸びているライトトラック系車種の生産量を増やす。

一方、オハイオのメアリーズビル工場で現在、組み立てられている北米向け『アコードハイブリッド』の生産を、日本の埼玉県狭山工場へ移管。メアリーズビル工場は、北米の人気車種、『アコードセダン』、『アコードクーペ』、アキュラ『TLX』、『ILX』の生産に注力していく。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 三菱自 池谷副社長、「7月の軽自動車受注は前年の2倍近くに」

    三菱自 池谷副社長、「7月の軽自動車受注は前年の2倍近くに」

  2. 【メルセデスベンツ Eクラス 新型】Amazonと協力してレンタルキャンペーン

    【メルセデスベンツ Eクラス 新型】Amazonと協力してレンタルキャンペーン

  3. 日産 星野専務「7月の国内受注は非常に好調だった」

    日産 星野専務「7月の国内受注は非常に好調だった」

  4. トミカ、初の充電式自動走行モデルを発売

  5. データシステム、車種別サイドカメラキットに新型プリウス用を追加

  6. レギュラーガソリン、前週比0.5円安の122.2円…4週連続の値下がり

  7. 【リコール】日野プロフィア など1万7000台、走行不能になるおそれ

  8. 日産の第1四半期決算、円高で4期ぶりの営業減益も「対応力はついている」

  9. スバル富士重 吉永社長「今秋の インプレッサ 皮切りに毎年新車を投入」

  10. 三菱ふそう、バス床下の腐食点検を呼びかけ…重大事故のおそれ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら