ホンダ、米工場の生産体制を再編…アコードハイブリッド は日本へ移管

自動車 ビジネス 企業動向

新型ホンダ アコード ハイブリッド(北米仕様)
  • 新型ホンダ アコード ハイブリッド(北米仕様)
  • 新型ホンダ アコード ハイブリッド(北米仕様)
  • 新型ホンダ アコード ハイブリッド(北米仕様)
ホンダは4月8日、北米における生産体制を再編すると発表した。

今回の生産再編は、北米市場でのさらなる成長を目指して行われるもの。現地で需要の大きい車種の生産を、今まで以上に重視することで、顧客のニーズに応えていく。

具体的には、米国のオハイオでの生産体制を、2016年モデルから変更。オハイオのイーストリバティ工場の生産車種を見直し、『CR-V』とアキュラ『RDX』の需要に見合う生産能力を確保する。

また、2017年の初頭からは、アキュラ『MDX』の生産もイーストリバティ工場で開始し、北米で販売が伸びているライトトラック系車種の生産量を増やす。

一方、オハイオのメアリーズビル工場で現在、組み立てられている北米向け『アコードハイブリッド』の生産を、日本の埼玉県狭山工場へ移管。メアリーズビル工場は、北米の人気車種、『アコードセダン』、『アコードクーペ』、アキュラ『TLX』、『ILX』の生産に注力していく。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. トヨタ プリウス TRDパーツ…空力性能を高め走りを追求[写真蔵]

    トヨタ プリウス TRDパーツ…空力性能を高め走りを追求[写真蔵]

  2. イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

    イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

  3. 【ものづくりワールド16】松浦機械製作所のハイブリッド金属3Dプリンタ…人だかりの理由

    【ものづくりワールド16】松浦機械製作所のハイブリッド金属3Dプリンタ…人だかりの理由

  4. 中央道小早川橋と弓振川橋をリニューアル 10月から

  5. フィアット・クライスラー欧州販売、25%増…500X が8割増 5月

  6. 益子会長「私どもは三菱ブランドを維持する」

  7. 参加費38万円、募金しながら走る自転車ツアー…マセラティ

  8. トヨタ、動向注視しながら影響を検証…イギリスEU離脱

  9. 三菱自、ラインオフは5台程度...益子会長

  10. 三菱自動車、燃費データ不正対象車両検索システムを運用開始…パジェロなど5車種

アクセスランキングをもっと見る