バイク王&カンパニー、買取・小売販売台数低迷で赤字幅拡大…第1四半期決算

モーターサイクル 企業動向

バイク王&カンパニーが発表した2014年12月-2015年2月期(第1四半期)の連結決算は、営業損益が3億7200万円の赤字だった。前年同期は2億2700万円の赤字で赤字幅が拡大した。

売上高は前年同期比17.7%減の36億5400万円と大幅な減収となった。バイク買取事業の販売台数が前年同期比9.2%減の2万5627台とマイナスで、平均売上単価、平均粗利ともに下落した。バイク小売事業は、販売店を1店舗増やした効果で販売台数は同7.7%増の2011台と前年を上回ったものの、平均売上単価が下落、平均粗利は横ばいだった。

収益では、減収や販売費、人件費の増加などの影響で経常損益は3億5100万円の赤字、当期損益が2億3000万円の赤字だった。

通期業績見通しは前回予想を据え置いた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. バイクETC車載器助成、可能台数のカウンター表示を取りやめ…NEXCO

    バイクETC車載器助成、可能台数のカウンター表示を取りやめ…NEXCO

  2. 二輪車輸出実績、欧州向けが2か月連続で4割増…5月

    二輪車輸出実績、欧州向けが2か月連続で4割増…5月

  3. 川崎重工、モーターサイクル&エンジンカンパニーに「効率化推進部」を新設

    川崎重工、モーターサイクル&エンジンカンパニーに「効率化推進部」を新設

  4. 二輪車国内生産、内需減少で4か月ぶりのマイナス…5月

  5. 電動スクーター バイクル L6 発売、低シート高の軽量モデル

  6. ミツバサンコーワ、二輪車用初のGPS搭載ETC2.0車載器を発売

  7. カワサキ W800、生産終了へ…ファイナルエディション発売

  8. カワサキ、国内二輪販売網を再編…専売店を6店舗から120店舗ヘ拡大

  9. 【ホンダ PCX150 試乗】原二の俊敏さで高速も、忙しい“都会人”にうってつけ…青木タカオ

  10. ヤマハのデザインコンセプト「GEN」に新モデル…人と人を結ぶモビリティ

アクセスランキングをもっと見る