輸入小型二輪の新規登録、ハーレー低迷で11.1%減…2014年度

モーターサイクル 企業動向

日本自動車輸入組合が発表した2014年度の輸入小型二輪車の新規登録台数は、前年度比11.1%減の2万0809台と大幅マイナスとなった。

ブランド別では、シェアトップのハーレーダビッドソンが同17.8%減の1万0484台と低迷し、シェアが前年度と比べて4.1ポイントもダウンした。前年度が消費増税前の駆け込み需要があった反動から落ち込んだ。

2位のBMWは同10.3%増の4200台と好調で、シェアは20.2%と2割台になった。3位はドゥカティで同6.9%減の2352台だった。4位は前年度5位だったKTMで同25.5%増の1367台だった。

トライアンフは同29.4%減の1269台と大幅マイナスで前年度の4位から順位を落とした。6位のMV AGUSTAが同21.7%減の357台、7位がモトグッチで同35.3%減の260台だった。

8位がBRPで同164.4%増の193台、9位がアプリリアで同43.6%減の123台、10位がピアッジョで同32.1%増の74台だった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. 二輪車国内生産、12.6%増の4万0521台で3か月連続のプラス…4月

    二輪車国内生産、12.6%増の4万0521台で3か月連続のプラス…4月

  2. ユピテル、バイク用ナビ BNV-1 発売…2016年版までのツーリングマップルと連動

    ユピテル、バイク用ナビ BNV-1 発売…2016年版までのツーリングマップルと連動

  3. トライアンフ、スラクストン スタンダードモデルを日本導入…161万2000円

    トライアンフ、スラクストン スタンダードモデルを日本導入…161万2000円

  4. ヴィクトリー マグナム に限定モデル、クラス最大音量200Wのサウンドシステムを搭載

  5. 【人とくるまのテクノロジー16】アウトバーンも難なく! ヤマハ MT-10 本邦初公開

  6. ヤマハ、ナイジェリアに再参入…二輪新工場を開業

  7. 【東京モーターショー15】スズキ、原付クロスバイク「フィール フリー ゴー!」を世界初公開

  8. 【人とくるまのテクノロジー16】ヤマハ、日本未発表の欧州向け最高峰モデル MT-10 を展示…跨りOK

  9. 【人とくるまのテクノロジー16】OBD対応も視野に、ボッシュの二輪用小型ECU

  10. 【人とくるまのテクノロジー16】“エメラルドカラー”が二輪サスの新シンボルに…ショーワ

アクセスランキングをもっと見る