【東京モーターサイクルショー15】大島優子が交通安全アピール「マナー守れるライダーがカッコイイ」

モーターサイクル エンタメ・イベント

大島優子さん(東京モーターサイクルショー15)
  • 大島優子さん(東京モーターサイクルショー15)
  • スタンディングスティルに挑戦する大島優子さん(東京モーターサイクルショー15)
  • 大島優子さんとクイーンスターズ隊員(東京モーターサイクルショー15)
  • 大島優子さん(東京モーターサイクルショー15)
  • 大島優子さん(東京モーターサイクルショー15)
  • 大島優子さん(東京モーターサイクルショー15)
  • 大島優子さんとクイーンスターズ隊員(東京モーターサイクルショー15)
  • 大島優子さん(東京モーターサイクルショー15)
3月28日、東京ビックサイトで開催されている「東京モーターサイクルショー2015」に、元AKB48で現在は女優の大島優子さんが登場。警視庁の女性白バイ隊「クイーンスターズ」と共にライダーへ安全を呼びかけた。

大島さんは、現在小型自動二輪免許(125cc以下限定)を保有している。ライディングの上達度合いについて大島さんは「発進と停止のバランスが難しい。初心者なのでまだまだ教本どおりです」と話した。

警視庁は今回のステージイベントで、バイクに乗車する基本姿勢や日常点検項目をはじめ、ヘルメットの正しい着用方法、胸部プロテクター装着の推進などをアピール。なかでも胸部プロテクター装着の呼びかけでは、大島さんを交えて様々な胸部プロテクターを紹介した。

大島さんは「教習所に通っていた時にプロテクターを装着していましたが、安心感が違いますね」。続けて「普段住み慣れた街でも、交差点などでは何が起こるか分かりません。プロテクターは常に装着してほしいです」と話した。

バイクは、クルマに比べて機動性に優れることが利点のひとつ。しかし早朝の通勤時間帯をはじめとしたラッシュアワーではその機動性ゆえに無理な“すり抜け”も問題になっている。

「クルマからすると、バイクは軽視されがちな存在。すり抜けは怖くてできません。マナーを守って人に優しい運転をするライダーが、カッコイイライダーだと思います。バイクをキレイに乗っている人は素敵です」と大島さん。

その他、警視庁のステージイベントでは、バイクを静止させたまま直立させる「スタンディングスティル」のデモンストレーションや、スタンディングスティルの挑戦コーナーも設けられた。大島さんは、参加者を応援するだけではなく、自らスタンディングスティルに挑戦する姿も見せた。
《阿部哲也》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. 料金引き下げにつながるか...「2人乗りは難しい」首都高速・宮田社長

    料金引き下げにつながるか...「2人乗りは難しい」首都高速・宮田社長

  2. 「ダサいってイジられないから安心!」井戸田潤…ハーレーの復興チャリティ

    「ダサいってイジられないから安心!」井戸田潤…ハーレーの復興チャリティ

  3. 「想定以上の申し込み」で対象台数上乗せ...二輪車ETC購入助成

    「想定以上の申し込み」で対象台数上乗せ...二輪車ETC購入助成

  4. 【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…ZX-10R で表彰台が見えてきたTeam GREEN

  5. 【鈴鹿8耐】スタートフラッグを振るハリウッドスターは誰だ?…噂

  6. ホンダ CBR250RR、新開発エンジンを搭載…インドネシア合弁会社が発表

  7. 対象台数増やし、8月末日まで期間延長...二輪車ETCの車載器購入助成

  8. バイクETC車載器助成、可能台数のカウンター表示を取りやめ…NEXCO

  9. 【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…史上最強、YAMAHA FACTORY RACING TEAM

  10. 二輪車国内生産、輸出好調で2年ぶりのプラス 2016年上半期実績

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら