【東京モーターサイクルショー15】ホンダの単気筒スポーツコンセプト、発売はどうなる?

モーターサイクル 新型車

ホンダ SFA(東京モーターサイクルショー15)
  • ホンダ SFA(東京モーターサイクルショー15)
  • ホンダ SFA(東京モーターサイクルショー15)
  • ホンダ SFA(東京モーターサイクルショー15)
  • ホンダ SFA(東京モーターサイクルショー15)
  • ホンダ SFA(東京モーターサイクルショー15)
  • ホンダ SFA(東京モーターサイクルショー15)
  • ホンダ SFA(東京モーターサイクルショー15)
  • ホンダ SFA(東京モーターサイクルショー15)
ホンダブースに展示されていた単気筒スポーツ『SFA』。ワールドプレミアとなった『ブルドッグ』の陰に隠れてあまり目立っていないが、興味深いもう1台のコンセプトモデルだ。

実はこのシングルスポーツ・コンセプトは、2014年10月末にジャカルタで開催されたインドネシア・モーターサイクルショーで初公開されたもの。つまりもともとは、インドネシアをはじめASEAN諸国や新興国の市場を見据えた提案だ。

エンジンは現在インドネシアで発売中の『CB150R』のものを使用。フレームもCB150Rのものに似た鋼管トラス構造だが、形状は異なっている。また前後タイヤも太くされ、いっそうスポーティ感覚が強調されている。

ボディは近未来感のある造形。ラジエーターシュラウド風の装飾パネルにウインカーが埋め込まれているほか、マフラーは座席下にレイアウト。排気口がシートカウル下方にあるのがおもしろい。スイングアームは片持ち式で、すっきりしたリアまわりとしている。

全体的に、少し前に大流行したストリートファイター・スタイルを基本としながらも、いっそう洗練させ、スマートにした印象。

単気筒のため車体は非常にスリムで、軽快な走りが楽しめそう。ホンダは商品化の予定を明らかにしていないが、もし実現されたなら、ぜひ日本にも導入してほしいところだ。
《古庄 速人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. バイクETC車載器助成、可能台数のカウンター表示を取りやめ…NEXCO

    バイクETC車載器助成、可能台数のカウンター表示を取りやめ…NEXCO

  2. 川崎重工、モーターサイクル&エンジンカンパニーに「効率化推進部」を新設

    川崎重工、モーターサイクル&エンジンカンパニーに「効率化推進部」を新設

  3. 二輪車輸出実績、欧州向けが2か月連続で4割増…5月

    二輪車輸出実績、欧州向けが2か月連続で4割増…5月

  4. 電動スクーター バイクル L6 発売、低シート高の軽量モデル

  5. 二輪車国内生産、内需減少で4か月ぶりのマイナス…5月

  6. ミツバサンコーワ、二輪車用初のGPS搭載ETC2.0車載器を発売

  7. カワサキ W800、生産終了へ…ファイナルエディション発売

  8. 【東京モーターショー15】スズキ、スクーター版「ハスラー」を世界初公開

  9. 二輪車ETC購入助成、募集期間前半で締め切りの勢い

  10. 【人とくるまのテクノロジー16】ヤマハ、日本未発表の欧州向け最高峰モデル MT-10 を展示…跨りOK

アクセスランキングをもっと見る