高速SA・PAで一番おいしいどんぶりは「茨城VICTORY丼」…友部SAが連覇!

自動車 ビジネス 国内マーケット

常磐自動車道・友部SA(上り)「“二代目”茨城VICTORY丼(1240円)」
  • 常磐自動車道・友部SA(上り)「“二代目”茨城VICTORY丼(1240円)」
  • 友部SAの菅沼氏
  • 予選を勝ち抜いてきた11店舗の料理人と審査員。
  • 今回の受賞者たち
  • 料理はすべて会場で作られる。
  • 料理はすべて会場で作られる。
  • 審査員による試食は、メディアの前で行われる。
  • 審査を行う、陳建一氏、柘植末利氏、ギャル曽根さん
2015年3月18日、東京都内にある東京栄養食糧専門学校にて、「第2回 NEXCO東日本 どんぶり王座決定戦!」の決勝大会が開催された。

これはNEXCO東日本エリアのSA・PAのフードコート149店舗が参加する料理コンテストで、昨年の秋から東日本エリア9ブロックにて行われた「ブロック大会」を勝ち抜いた11店舗が決勝大会に臨んだ。予選を突破したのは以下の店舗と料理だ。

常磐自動車道・友部SA(上り)「“二代目”茨城VICTORY丼(1240円)」
東北自動車道・前沢SA(下り)「二楽丼(1080円)」
磐越自動車道・磐梯山SA(下り)「The 豚丼・会津の香り(950円)」
関越自動車道・上里SA(上り)「赤城鶏の鳥めし丼(900円)」
東北自動車道・阿武隈PA(上り)「白河高原清流豚の豚唐みぞれ丼(870円)」
札樽自動車道・金山PA(下り)「い~いか丼(850円)」
上信越自動車道・横川SA(上り)「赤城鶏のタルタル親子(880円)」
磐越自動車道・阿賀野川SA(下り)「もちぶたミルフィーユチーズタレかつ丼(890円)」
館山自動車道・市原SA(下り)「市原 宝石丼(2800円)」
東北自動車道・上河内SA(上り)「うんめぇ~! とちぎの恵味丼(980円)」
関越自動車道・越後川口SA(上り)「魚沼いろ鶏丼(800円)」

審査委員長には四川飯店オーナーシェフの陳建一氏、特別審査委員に東京調理師専門学校校長の柘植末利氏、審査委員はタレントのギャル曽根さんと川瀬良子さん、関東・東北じゃらん編集長の大橋菜央さん、ネクセリア東日本社長の荒川真氏らが務めた。

決勝大会は、審査員やメディアの見守る中で調理を実施。完成後は、審査員を前にプレゼンテーションを行った後に、審査員が試食を行った。

「回数を重ねているので、レベルが高まっている。本当にどれも美味しかった! 美味しい料理を食べて、幸せな気持ちになりました」と陳氏。実力が拮抗していたため、グランプリ選出はかなり困難であったともいう。

そんな中でグランプリに選ばれたのは常磐自動車道・友部SA(上り)「“二代目”茨城VICTORY丼(1240円)」。友部SAは昨年の第一回大会でのグランプリを獲得しており、連覇を実現した。

「昨年はグランプリをいただきまして、すごいプレッシャーがありました。どうしようか? また、すごいどんぶりを考えないといけないと、ずっと悩んでいました。試行錯誤の結果、またグランプリをいただけてありがたく思います。昨年は“売るのが勝負だ”と話させていただきましたが、1年間で3万7000食も出ました。その2代目ということで生産者が一生懸命作っていただけた良い食材がいっぱいありますので、その食材を大切にしたいなと考えました。これから1年間、売るのが勝負ですから、気を引き締めて、美味しいものを提供したいと思います」と友部SAの菅沼氏は語る。

準グランプリには東北自動車道・前沢SA(下り)「二楽丼(1080円)」と館山自動車道・市原SA(下り)「市原 宝石丼(2800円)」の二品、審査員特別賞に東北自動車道・阿武隈PA(上り)「白河高原清流豚の豚唐みぞれ丼(870円)」と東北自動車道・上河内SA(上り)「うんめぇ~! とちぎの恵味丼(980円)」の二品が選ばれた。
《鈴木ケンイチ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【リコール】日産 NV350 キャラバン など9万台、駐車ブレーキが効かなくなるおそれ

    【リコール】日産 NV350 キャラバン など9万台、駐車ブレーキが効かなくなるおそれ

  2. VW世界販売、トヨタを抑えて2年連続で首位 上半期

    VW世界販売、トヨタを抑えて2年連続で首位 上半期

  3. 日産、下げ止まらない国内販売シェア 第1四半期決算

    日産、下げ止まらない国内販売シェア 第1四半期決算

  4. トミカ、初の充電式自動走行モデルを発売

  5. ホンダ、世界生産台数が全半期を通じ過去最高を記録 2016年上半期実績

  6. マツダ、世界生産台数が5年連続プラス 2016年上半期実績

  7. プリウスの乗り心地を再現したコーヒーが完成…トヨタ×BLUE BOTTLE COFFEE

  8. 三菱自 池谷副社長、「7月の軽自動車受注は前年の2倍近くに」

  9. スズキ、インドの小型商用車セグメントに初参入…スーパーキャリイ を発売

  10. スズキ、世界生産が3年ぶりのマイナス 2016年上半期実績

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら