【ATTT15】ホンダ、Wi-Fiを活用したリアルタイム通信システムなどを紹介

自動車 テクノロジー 安全

V2X(災害発生時)
  • V2X(災害発生時)
  • V2X(平常時)
  • ホンダ ブースイメージ
ホンダは、3月11日から13日まで東京ビッグサイトで開催される「第6回 国際自動車通信技術展」に出展、テレマティクス技術や防災・減災に繋がる取り組みを紹介する。

ホンダは、Wi-Fi通信のみでクルマと社会インフラと、専用アプリを持った歩行者が互いにつながるリアルタイム通信システム「V2X」を開発。平常時には、互いに一歩先の行動をやりとりすることで余裕をもった行動が可能となる。また災害発生時には、公衆回線がダウンした状況下でも互いがWi-Fiでつながり、避難情報などを伝達することができる。会場では、V2Xユニットを活用したサービスの紹介とともに、試乗デモンストレーションを実施する。

そのほか、2011年の東日本大震災発生時の通行実績情報の公開や、ソーシャルマップ「SAFETY MAP」、ホワイトアウト予測情報など、防災や減災に関する取り組みを紹介する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 テクノロジー アクセスランキング

  1. 【JNCAP2015】最高評価の5台、国際フォーラムで一般公開 28日

    【JNCAP2015】最高評価の5台、国際フォーラムで一般公開 28日

  2. 【JNCAP2015】新・安全性能総合評価、CX-3 や ステップワゴン など5車種がファイブスターを獲得

    【JNCAP2015】新・安全性能総合評価、CX-3 や ステップワゴン など5車種がファイブスターを獲得

  3. 【JNCAP2015】マツダ CX-3、ファイブスター賞を最高得点で受賞

    【JNCAP2015】マツダ CX-3、ファイブスター賞を最高得点で受賞

  4. フロントスピーカーの「鳴らし方」考察…クロスオーバーさせるメリットは

  5. 【人とくるまのテクノロジー16】Aピラーは細く軽く…視野角広げるティッセンクルップの「スリムAピラー」

  6. ガーミン、GPS機能付アウトドアウォッチ fenix3J にスワロフスキーモデルを追加

  7. いすゞと日野、トラック・バスの自動運転システム実用化に向けITS技術を共同開発

  8. 無料ナビアプリ三つ巴対決、一番使いやすいのはどのアプリだ

  9. 【ユーロNCAP】ルノーの超小型車、トゥイジー…衝突安全テストに失格

  10. デモカー製作者が語る…クラリオン『Full Digital Sound』の革新性と期待値

アクセスランキングをもっと見る