ホンダ シビック タイプR 新型、量産FF車でニュル最速に…7分50秒63

自動車 ニューモデル モーターショー

新型 ホンダ シビック タイプR の市販モデル(ジュネーブモーターショー15)
  • 新型 ホンダ シビック タイプR の市販モデル(ジュネーブモーターショー15)
  • ホンダ シビック タイプR 新型、量産FF車でニュル最速に…7分50秒63
  • 新型 ホンダ シビック タイプR の市販モデル(ジュネーブモーターショー15)
  • 新型 ホンダ シビック タイプR の市販モデル(ジュネーブモーターショー15)
  • 新型 ホンダ シビック タイプR の市販モデル
  • 新型 ホンダ シビック タイプR の市販モデル(ジュネーブモーターショー15)
  • 新型 ホンダ シビック タイプR の市販モデル(ジュネーブモーターショー15)
  • 新型 ホンダ シビック タイプR の市販モデル(ジュネーブモーターショー15)
ホンダが3月3日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー15で初公開した新型『シビック タイプR』の市販モデル。同車がドイツ・ニュルブルクリンク北コースにおいて、量産FF車の最速ラップタイムを打ち立てた。

これは3月3日、ホンダが明らかにしたもの。同社は、「新型シビック タイプRのドイツ・ニュルブルクリンク北コースでのラップタイムは、7分50秒63。FFハッチバックモデルでトップ」と宣言している。

これまで、ニュルブルクリンク北コースで、量産FF車の最速ラップタイム記録を保持していたのは、フランスの自動車大手、ルノーの高性能車部門、ルノースポールの『メガーヌR.S. 275トロフィー-R』。2014年5月、7分54秒36のタイムを計測していた。

新型ホンダ シビック タイプRの7分50秒63は、メガーヌR.S. 275トロフィー-Rの記録を4秒近く、短縮するタイム。

新型ホンダ シビック タイプRには、新開発の直噴2.0リットル直列4気筒ガソリン「VTEC」ターボを搭載。最大出力310ps/6500rpm、最大トルク40.8kgm/2500rpmを発生する。トランスミッションは、6速MT。0‐100km/h加速5.7秒、最高速270km/hの性能を達成している。
《森脇稔》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品