訪日外客数が121万8000人で過去最高、韓国から初の30万人超…1月

自動車 社会 行政

東京(資料画像)
  • 東京(資料画像)
日本政府観光局が発表した1月の訪日外客数は前年同月比29.1%増の121万8000人と1月として過去最高となった。

豪州や東南アジアを中心に、スキーや雪遊び、冬のイベントなど、「スノーリゾートとしての日本」をPRしてきたことや、ビザの緩和、消費税免税制度の拡充、円安進行による訪日旅行の割安感が浸透したことが増加の主因と見られる。

市場別では、韓国、豪州が単月として過去最高を記録したほか、中国、台湾、香港、タイ、シンガポール、インドネシア、フィリピン、ベトナム、インド、米国、フランス、ドイツ、イタリア、スペインが1月としての過去最高を記録した。

韓国は1964年の統計開始以来、全市場を通じて初めて単月で30万人を超えた。また、豪州は、2014年12月に続き2か月連続で単月過去最高を記録した。

一方、出国日本人数は同1.2%減の123万8000人だった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. 国交省、事故削減に向け先進技術を活用へ…オートライトや対歩行者自動ブレーキ

    国交省、事故削減に向け先進技術を活用へ…オートライトや対歩行者自動ブレーキ

  2. ドライバーの異常を車外に通知、ブレーキ灯点滅などで…保安基準を改正

    ドライバーの異常を車外に通知、ブレーキ灯点滅などで…保安基準を改正

  3. バイクで歩行者ひき逃げの男に懲役刑、無保険の隠蔽も認定

    バイクで歩行者ひき逃げの男に懲役刑、無保険の隠蔽も認定

  4. 国土交通省、自動車の安全対策に関する評価・分析方法を検討

  5. 『ETC 2.0』普及へ前進、経路別の料金優遇などサービス具体化へ

  6. 『ETC2.0』とは…次世代ETCが目指す未来の道路交通

  7. 軽がトラックと正面衝突、非番の女性警官死亡

  8. トレーラーのブレーキ引き摺りによる火災事故、3年間で82件に

  9. 自動運転車でドライバーが居眠り、決定的瞬間[動画]

  10. 宇都宮市で13台中7台に整備命令 夜間の街頭検査

アクセスランキングをもっと見る