ゼンリンデータコムとドコモ、新たな屋内ナビゲーション技術を開発 | レスポンス(Response.jp)

ゼンリンデータコムとドコモ、新たな屋内ナビゲーション技術を開発

自動車 ビジネス 企業動向

地図アプリ・屋内ナビゲーション利用時のイメージ
  • 地図アプリ・屋内ナビゲーション利用時のイメージ
ゼンリンデータコムとNTTドコモは2月19日、歩行者自律航法(自律航法)技術とルートマッチング技術を組み合わせた新たな屋内ナビゲーション技術を開発したと発表した。

同技術は、歩行者の動きを検知するために、スマートフォンに搭載されたモーションセンサーから取得した情報を、自律航法技術を使って複合的に解析。利用者の動きを目的地までのルートに合わせた最適な位置に補正するルートマッチング技術と組み合わせることで、GPS測位が困難な屋内環境や、Beaconが設置されていない屋内環境においても、屋外と同様のナビゲーションを実現する。

同技術を活用することで、地下鉄駅構内や地下街など、GPS測位が困難な屋内環境においても、ナビゲーション機能を利用できるほか、屋外・屋内間を移動する時もシームレスなナビゲーションを利用できる。

なお、同技術は「ドコモ地図ナビ powered by いつも NAVI」の機能の拡充として、屋内ナビゲーション機能を2015年4月以降に提供を開始する予定だ。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品