高速運転のために高速道路会社が考えた「カフェイン緑茶」

自動車 ビジネス 国内マーケット

カフェイン増量で高速運転のために作った「カフェイン緑茶」(ネクスコ東日本ロジテム)
  • カフェイン増量で高速運転のために作った「カフェイン緑茶」(ネクスコ東日本ロジテム)
高速道路会社が高速運転のための飲料を目指して、業界トレンドの逆を目指したら、オンリーワンのユニークな商品ができた。

「緑茶はペット飲料の中でもカフェインレス化が進んでいる。それを逆手にとって、飲みなれた日本茶でコーヒーに代わる飲料商品を作ってみました」

開発の動機を語るのは「ネクスコ東日本ロジテム」事業部担当者。その商品が「カフェイン緑茶」(280ml)だ。同社は東日本高速会社の関連会社で、カフェイン緑茶は、東日本高速のプライベートブランド商品。

原料に同社のエリア内にある埼玉県の狭山茶の葉を使った。もともと茶葉にはカフェインが含まれているが、その量を100mgまで強化した緑茶だ。

SA・PAでのコーヒーは、運転中の眠気防止や気分転換を狙って選ばれることが多い。ガムやアメがほかの場所より売れるのも同じ理由だが、カフェインを加えることでコーヒーに代わる日本茶を作り出すことに成功した。緑茶商品では、こうしたカフェイン強化商品はほとんどない。同社では「パイオニア的」商品と説明する。

ボトル下部には《あたまスッキリ安全運転》と標語のような文字もあるが、それは高速道路会社としての願いでもあるという。

「100mgのカフェインはインスタントコーヒー2杯分と同じですが、飲みやすい、おいしい緑茶です。コーヒーを何杯も飲んでしまった後や、もともと苦手な女性にもおすすめします」(前同)

カフェイン増量というと、なんとなく濃くいれたお茶を想像するが、実際に飲んでみるとまったく普通のお茶とかわらない。

販売価格は170円(税込)。今のところ自動販売機には入っていない。一部を除く東日本高速エリアのSA・PAの売店で販売中だ。
《中島みなみ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. マヒンドラのSUV、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

    マヒンドラのSUV、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

  2. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

    ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  3. トヨタ ヴィッツ、米国でリコール…サスペンションに不具合

    トヨタ ヴィッツ、米国でリコール…サスペンションに不具合

  4. 【カーグッズ】耐久性に注目「本格コーティング剤」でボディケア

  5. 自然に溶け込むアウトドア用品…ドッペルギャンガーのナチュラルシリーズ

  6. 伊マニエッティ、上海市に中国新本社ビルを開設

  7. スズキ イーコ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

  8. 【ハーマン オートモーティブ】未来のクルマに入り込む、世界最大級のオーディオブランド

  9. ウェザーニューズ、今年の梅雨の天気傾向を発表…九州は例年より大雨の予想

  10. FCA US、タカタ製エアバッグで追加リコール…約430万台

アクセスランキングをもっと見る