ウェアラブルは200億ドル市場へ、Fitbitはなぜヘルスフィットネスに注力するのか

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

ヘルスフィットネス事業を展開するFitbitが1月22日、都内にてメディアブリーフィングを行った。

同社は2007年サンフランシスコで設立され、現在従業員数500人超、48ヶ国へ展開する同社は4万の直営販売拠点を持つ。この度「競争激化する健康系ウェアラブルのシェア拡大のためテコ入れ」と題しウェアラブル市場動向、日本市場でのプロモーション戦略、製品説明等を行った。

同社アジアパシフィックバイスプレジデント兼ゼネラルマネジャーのヨランダ・チャン氏は、“なぜヘルスフィットネス市場が今重要でおもしろいのか”説明する。「2018年までの世界のウェアラブル市場規模は190憶ドルに拡大し、2014年比での成長率は6倍になると予測されている。またウェアラブル端末出荷台数でいうと1憶1200万台にのぼると言われている(JUNIPER RESEARCH社、IDCRESEARCH社調べ)」

さらに同社事業を取り巻く重要なトレンドが4つあるという。

「1つに肥満や慢性疾患が増加すること。それを気にしている人がいて管理するツールが必要とされていること、2つ目は将来について考える消費者の健康やフィットネスに対する関心があるということ。長く生きるために自分の身体に何がおきているか把握する必要がある。3つ目はセンサーや電池寿命における技術が革新したこと。4つ目はスマートフォンやアプリがプラットフォームとして急速に発達したこと人々が常にオンラインにつながるプラットフォームを利用できる環境へと変わったこと。これらのトレンドすべてがヘルスフィットネス業界にとっては大きなチャンス」と市場背景を説明する。

さらにチャン氏は同社が唱える健康とフィットネスの全体像を語った。「健康であるためにもっとも大切なこと」は体を動かすというアクティビティ、定期的に運動するというトレーニング、バランスのとれた食事、質の高い睡眠の維持、体重維持の5要素によって構成される。これらの要素についての情報を記録し目標達成のサポートをすることが、同社の事業展開の基本となる考え方、と説明した。
《北原 梨津子》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 テクノロジー アクセスランキング

  1. 【JNCAP2015】最高評価の5台、国際フォーラムで一般公開 28日

    【JNCAP2015】最高評価の5台、国際フォーラムで一般公開 28日

  2. 初めてのカーオーディオ、プロに聞いた「本命プラン」

    初めてのカーオーディオ、プロに聞いた「本命プラン」

  3. ベルリン生まれの高精細ワイドレンジコーントゥイーター「RS Revelation HAC」

    ベルリン生まれの高精細ワイドレンジコーントゥイーター「RS Revelation HAC」

  4. 【人とくるまのテクノロジー16】Aピラーは細く軽く…視野角広げるティッセンクルップの「スリムAピラー」

  5. 【JNCAP2015】マツダ CX-3、ファイブスター賞を最高得点で受賞

  6. 【JNCAP2015】新・安全性能総合評価、CX-3 や ステップワゴン など5車種がファイブスターを獲得

  7. いすゞと日野、トラック・バスの自動運転システム実用化に向けITS技術を共同開発

  8. デモカー製作者が語る…クラリオン『Full Digital Sound』の革新性と期待値

  9. 【官能カーオーディオ!】車内で“スマホ”を聴く方法、最新事情パート2…“AUX”&“USB”編

  10. 【インタビュー】コネクテッドカーのための人工知能とは?… ニュアンス、車載事業部マーケーティング・マネージャーに聞いた

アクセスランキングをもっと見る