ウェアラブルは200億ドル市場へ、Fitbitはなぜヘルスフィットネスに注力するのか

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

ヘルスフィットネス事業を展開するFitbitが1月22日、都内にてメディアブリーフィングを行った。

同社は2007年サンフランシスコで設立され、現在従業員数500人超、48ヶ国へ展開する同社は4万の直営販売拠点を持つ。この度「競争激化する健康系ウェアラブルのシェア拡大のためテコ入れ」と題しウェアラブル市場動向、日本市場でのプロモーション戦略、製品説明等を行った。

同社アジアパシフィックバイスプレジデント兼ゼネラルマネジャーのヨランダ・チャン氏は、“なぜヘルスフィットネス市場が今重要でおもしろいのか”説明する。「2018年までの世界のウェアラブル市場規模は190憶ドルに拡大し、2014年比での成長率は6倍になると予測されている。またウェアラブル端末出荷台数でいうと1憶1200万台にのぼると言われている(JUNIPER RESEARCH社、IDCRESEARCH社調べ)」

さらに同社事業を取り巻く重要なトレンドが4つあるという。

「1つに肥満や慢性疾患が増加すること。それを気にしている人がいて管理するツールが必要とされていること、2つ目は将来について考える消費者の健康やフィットネスに対する関心があるということ。長く生きるために自分の身体に何がおきているか把握する必要がある。3つ目はセンサーや電池寿命における技術が革新したこと。4つ目はスマートフォンやアプリがプラットフォームとして急速に発達したこと人々が常にオンラインにつながるプラットフォームを利用できる環境へと変わったこと。これらのトレンドすべてがヘルスフィットネス業界にとっては大きなチャンス」と市場背景を説明する。

さらにチャン氏は同社が唱える健康とフィットネスの全体像を語った。「健康であるためにもっとも大切なこと」は体を動かすというアクティビティ、定期的に運動するというトレーニング、バランスのとれた食事、質の高い睡眠の維持、体重維持の5要素によって構成される。これらの要素についての情報を記録し目標達成のサポートをすることが、同社の事業展開の基本となる考え方、と説明した。
《北原 梨津子》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 テクノロジー アクセスランキング

  1. ユピテル、衝突警報システム「マエミテ」を発売…レーザーで車間距離を測定

    ユピテル、衝突警報システム「マエミテ」を発売…レーザーで車間距離を測定

  2. 米CESで受賞、FOCAL「K2 Power」のセパレート2ウェイシステムを聴いてみる

    米CESで受賞、FOCAL「K2 Power」のセパレート2ウェイシステムを聴いてみる

  3. 無料ナビアプリ三つ巴対決、一番使いやすいのはどのアプリだ

    無料ナビアプリ三つ巴対決、一番使いやすいのはどのアプリだ

  4. 【インタビュー】コネクテッドカーのための人工知能とは?… ニュアンス、車載事業部マーケーティング・マネージャーに聞いた

  5. 始まって以来の“大変革”…新型 カロッツェリア サイバーナビ 発表

  6. ガーミン、トライアスロン向けGPSウォッチに新モデル…光学式心拍計を搭載

  7. 市販ナビ満足度3連覇達成のアルパイン BIG Xシリーズ、その実力は

  8. JAF、危険予知トレーニングの新作動画を公開…トンネル内の無灯火車両など4本

  9. ユピテル、レーダー探知機 SUPER CAT A710 発売…新小型オービス対応のタッチパネルモデル

  10. 【官能カーオーディオ!】車内で“スマホ”を聴く方法、最新事情パート2…“AUX”&“USB”編

アクセスランキングをもっと見る