ヤマト運輸、3月31日受付分でクロネコメール便を廃止

自動車 ビジネス 企業動向

ヤマト運輸(イメージ)
  • ヤマト運輸(イメージ)
  • クロネコメール便のこれまでの歩み
  • 顧客のリスク
ヤマト運輸は、3月31日の受付分をもって、クロネコメール便のサービスを廃止すると発表した。

クロネコメール便は、カタログやパンフレットなどの「非信書」をポストインするサービス。82円からという低料金もあって、現在、約21億冊の取扱量がある。

「信書」と「非信書」は、その定義が曖昧で、2009年7月以降、クロネコメール便利用客が信書にあたる文書を送り、郵便法違反容疑で書類送検、もしくは警察から事情聴取されたケースは8件あったという。

ヤマト運輸では、今回の廃止決定の理由について、顧客が法認識のないまま、クロネコメール便で信書に該当する文書を送り、罰せられてしまうリスクをなくすことだとしている。

クロネコメール便廃止後は、法人向けにはカタログ、パンフレットなどの「非信書」に限定し、運賃体系も見直した上で、4月1日より「クロネコDM便」と名称を変更し、サービスを継続する。

また、小さな荷物のやりとりにクロネコメール便を利用している個人、法人向けには、同じく4月1日より、小さな荷物を安心で手軽に利用できる宅急便のサービスを拡充する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

    「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

  2. ボルボ買収の中国吉利、南米衝突テストに失格

    ボルボ買収の中国吉利、南米衝突テストに失格

  3. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

    小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  4. 【人とくるまのテクノロジー16】シェフラージャパン、電動化によるバルブタイミング制御技術などを紹介

  5. 三菱自、開発部門副社長に日産の山下元副社長

  6. 米トヨタ、タカタ製エアバッグで追加リコール…約158万台

  7. ZMP、実車とドライブシミュレーターを組み合わせた実験走行サービスを開始

  8. スズキと三菱自の重複1次仕入先は167社…東京商工リサーチ

  9. ボルボカーズ傘下のポールスター、新CEOを指名

  10. ドラ割「北海道ETC夏トクふりーぱす」販売開始…高速3日間乗り放題で7900円

アクセスランキングをもっと見る