猿田彦珈琲と ハリアー がコラボ、「TOYOTA HARRIER CAFE」オープン…5つのオリジナルブレンドが楽しめる

自動車 ビジネス 国内マーケット

5つのブレンドのほか、軽食とスイーツも用意
  • 5つのブレンドのほか、軽食とスイーツも用意
  • 猿田彦珈琲とハリアーのコラボ「TOYOTA HARRIER CAFE」オープン(写真:『猿田彦珈琲』代表の大塚朝之氏)
  • 5つのブレンドのほか、軽食とスイーツも用意
  • 珈琲抽出の実演をする『猿田彦珈琲』代表の大塚朝之氏
  • コーヒ豆のほか、抽出方法にもこだわりがあるという
  • 猿田彦珈琲とハリアーのコラボ「TOYOTA HARRIER CAFE」オープン
  • 猿田彦珈琲とハリアーのコラボ「TOYOTA HARRIER CAFE」オープン
  • 猿田彦珈琲とハリアーのコラボ「TOYOTA HARRIER CAFE」オープン
21日、スペシャルティコーヒー専門店の「猿田彦珈琲」とトヨタ『ハリアー』がコラボレーションしたコーヒー『H.H.オリジナルブレンド』が楽しめる『TOYOTA HARRIER CAFE』が、東京六本木ヒルズに期間限定でオープンした。

オープン当日、猿田彦珈琲代表の大塚朝之氏が登場し、ハリアーのボディカラーをイメージした5つのブレンド「ミステリアス」「シック」「インテリジェント」「ゴージャス」「フォーマル」を紹介した。その中の「ゴージャス」について、大塚氏「エチオピアのチェンベという有名な珈琲で、正直、原価が半端じゃなく良いコーヒーでハリアーと同じくらい。トロピカルフルーツを思わせる太い酸が楽しめる」などと話した。

会場で、挽きたての豆をつかって珈琲を抽出する実演してみせた大塚氏、自宅でコーヒーを楽しむ人に向け「焙煎してすぐのものは炭酸ガスを発生しているので、フレッシュな豆であるほどガスが発生してふっくらとします。そのガスを抜きながらゆっくりお湯を入れていきます」とアドバイス。

猿田彦珈琲によるオリジナルブレンドは、基本的に20グラムの豆を300ccのお湯で使い2分ぐらいで抽出されており、さらにビター感を強めるには3分くらい時間をかけて抽出しているという。

「最初の1分はゆっくりゆっくりお湯を入れて、残りの1分は早く抽出します」と大塚氏。「最初の部分は、苦み成分、酸味の成分、甘みの成分、が出てきますが、後半はビターテイストが非常に出てくるので、なるべく早く抽出することで、繊細なフレーバーをカップの中に残したいという意図で、早くするようにしています」と同店ならではのこだわりを話した。

珈琲抽出をする実演の中で大塚氏は「コーヒーは情緒ある飲み物なので、なるべくこういう時間も大切にしていただきたい」と、コーヒーを楽しむ人に向けてメッセージを贈った。

「HARRIER CAFE」は、1月21日~27日の7日間限定のオープンとなる。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【リコール】日産 NV350 キャラバン など9万台、駐車ブレーキが効かなくなるおそれ

    【リコール】日産 NV350 キャラバン など9万台、駐車ブレーキが効かなくなるおそれ

  2. VW世界販売、トヨタを抑えて2年連続で首位 上半期

    VW世界販売、トヨタを抑えて2年連続で首位 上半期

  3. 日産、下げ止まらない国内販売シェア 第1四半期決算

    日産、下げ止まらない国内販売シェア 第1四半期決算

  4. トミカ、初の充電式自動走行モデルを発売

  5. ホンダ、世界生産台数が全半期を通じ過去最高を記録 2016年上半期実績

  6. マツダ、世界生産台数が5年連続プラス 2016年上半期実績

  7. プリウスの乗り心地を再現したコーヒーが完成…トヨタ×BLUE BOTTLE COFFEE

  8. 三菱自 池谷副社長、「7月の軽自動車受注は前年の2倍近くに」

  9. スズキ、インドの小型商用車セグメントに初参入…スーパーキャリイ を発売

  10. スズキ、世界生産が3年ぶりのマイナス 2016年上半期実績

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら