猿田彦珈琲と ハリアー がコラボ、「TOYOTA HARRIER CAFE」オープン…5つのオリジナルブレンドが楽しめる

自動車 ビジネス 国内マーケット

5つのブレンドのほか、軽食とスイーツも用意
  • 5つのブレンドのほか、軽食とスイーツも用意
  • 猿田彦珈琲とハリアーのコラボ「TOYOTA HARRIER CAFE」オープン(写真:『猿田彦珈琲』代表の大塚朝之氏)
  • 5つのブレンドのほか、軽食とスイーツも用意
  • 珈琲抽出の実演をする『猿田彦珈琲』代表の大塚朝之氏
  • コーヒ豆のほか、抽出方法にもこだわりがあるという
  • 猿田彦珈琲とハリアーのコラボ「TOYOTA HARRIER CAFE」オープン
  • 猿田彦珈琲とハリアーのコラボ「TOYOTA HARRIER CAFE」オープン
  • 猿田彦珈琲とハリアーのコラボ「TOYOTA HARRIER CAFE」オープン
21日、スペシャルティコーヒー専門店の「猿田彦珈琲」とトヨタ『ハリアー』がコラボレーションしたコーヒー『H.H.オリジナルブレンド』が楽しめる『TOYOTA HARRIER CAFE』が、東京六本木ヒルズに期間限定でオープンした。

オープン当日、猿田彦珈琲代表の大塚朝之氏が登場し、ハリアーのボディカラーをイメージした5つのブレンド「ミステリアス」「シック」「インテリジェント」「ゴージャス」「フォーマル」を紹介した。その中の「ゴージャス」について、大塚氏「エチオピアのチェンベという有名な珈琲で、正直、原価が半端じゃなく良いコーヒーでハリアーと同じくらい。トロピカルフルーツを思わせる太い酸が楽しめる」などと話した。

会場で、挽きたての豆をつかって珈琲を抽出する実演してみせた大塚氏、自宅でコーヒーを楽しむ人に向け「焙煎してすぐのものは炭酸ガスを発生しているので、フレッシュな豆であるほどガスが発生してふっくらとします。そのガスを抜きながらゆっくりお湯を入れていきます」とアドバイス。

猿田彦珈琲によるオリジナルブレンドは、基本的に20グラムの豆を300ccのお湯で使い2分ぐらいで抽出されており、さらにビター感を強めるには3分くらい時間をかけて抽出しているという。

「最初の1分はゆっくりゆっくりお湯を入れて、残りの1分は早く抽出します」と大塚氏。「最初の部分は、苦み成分、酸味の成分、甘みの成分、が出てきますが、後半はビターテイストが非常に出てくるので、なるべく早く抽出することで、繊細なフレーバーをカップの中に残したいという意図で、早くするようにしています」と同店ならではのこだわりを話した。

珈琲抽出をする実演の中で大塚氏は「コーヒーは情緒ある飲み物なので、なるべくこういう時間も大切にしていただきたい」と、コーヒーを楽しむ人に向けてメッセージを贈った。

「HARRIER CAFE」は、1月21日~27日の7日間限定のオープンとなる。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

    小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  2. 【人とくるまのテクノロジー16】シェフラージャパン、電動化によるバルブタイミング制御技術などを紹介

    【人とくるまのテクノロジー16】シェフラージャパン、電動化によるバルブタイミング制御技術などを紹介

  3. スズキと三菱自の重複1次仕入先は167社…東京商工リサーチ

    スズキと三菱自の重複1次仕入先は167社…東京商工リサーチ

  4. 米トヨタ、タカタ製エアバッグで追加リコール…約158万台

  5. ドラ割「北海道ETC夏トクふりーぱす」販売開始…高速3日間乗り放題で7900円

  6. ボルボ買収の中国吉利、南米衝突テストに失格

  7. 三菱自、開発部門副社長に日産の山下元副社長

  8. ボルボカーズ傘下のポールスター、新CEOを指名

  9. 【人とくるまのテクノロジー16】東芝、次世代コックピットソリューションなどを出展

  10. ZMP、実車とドライブシミュレーターを組み合わせた実験走行サービスを開始

アクセスランキングをもっと見る