厳冬期の車中泊、効果的な対策を考える…JAFがテスト動画を公開

自動車 ビジネス 国内マーケット

厳冬期の車中泊。寒さをしのぐ対策は?
  • 厳冬期の車中泊。寒さをしのぐ対策は?
  • テストの様子(「対策なし」、「毛布+使い捨てカイロ」)
  • テストの様子(「寝袋(冬山用)」、「エマージェンシーシート」)
  • テスト結果
  • テスト結果
JAF(日本自動車連盟)は、毎年、吹雪や豪雪により車が立ち往生し、長時間車内に取り残される事例が発生していることから、「厳冬期の車中泊」をテーマとするテストを行い、動画をホームページに公開した。

雪の影響で車が立ち往生した際には、排ガスによる一酸化炭素中毒やガス欠の危険性を考えると、エンジンを止めて寒さをしのぐことも時には必要だ。そこで、寒冷地の駐車場で、23時から翌朝7時までの8時間、エンジンを止めた状態で「対策なし」「毛布+使い捨てカイロ」「寝袋(冬山用)」「エマージェンシーシート」と対策の異なる4名のモニターが車両(ミニバン)2台に分乗し、寒さをしのげるのかを検証した。

結果は、1時45分に「対策なし」、4時27分に「エマージェンシーシート」のモニターがそれぞれギブアップし、「毛布+使い捨てカイロ」および「寝袋(冬山用)」のモニターはそれぞれ翌朝まで耐えられた。ただし、耐えることができた対策であっても顔や足先はかなり冷えて、寒さはかなり厳しかったようだ。

検証の結果を踏まえJAFでは、厳冬期は万が一に備えて、保温できる毛布や寝袋を車内に用意しておくことを呼びかけている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 4トン6輪車が浮いた! カーシェアのエニカが G63 AMG 6×6 の試乗会を開催

    4トン6輪車が浮いた! カーシェアのエニカが G63 AMG 6×6 の試乗会を開催

  2. スズキ、登録車好調も軽自動車販売は19か月連続のマイナス 7月実績

    スズキ、登録車好調も軽自動車販売は19か月連続のマイナス 7月実績

  3. クサくないタクシー「ファブタク」発進!…日本交通とファブリーズがコラボ

    クサくないタクシー「ファブタク」発進!…日本交通とファブリーズがコラボ

  4. ジープ ラングラー 次期型、ボディパネルは自社製に…新工場で生産

  5. マツダ ロードスター RF、発売記念車は得意客に優先販売…米国

  6. 三菱自動車、国内販売4か月連続2ケタ減…eK販売再開も登録車が半減 7月実績

  7. ホンダの総生産台数、14か月ぶりのマイナス…4.3%減の37万2472台 7月実績

  8. マツダ、世界生産台数が3か月連続マイナス 7月実績

  9. 日産、海外販売39万1514台…欧米市場好調 7月度新記録

  10. ダイハツ、国内販売10.7%増の4万7897台 7月実績

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら