パナソニック、テスラEV搭載の円筒形リチウムイオン電池が最優秀賞…日経優秀製品・サービス賞

自動車 ビジネス 企業動向

パナソニック・円筒形リチウムイオン電池
  • パナソニック・円筒形リチウムイオン電池
  • パナソニック・円筒形リチウムイオン電池
パナソニックの「EV向け円筒形高容量リチウムイオン電池」が、日本経済新聞社が主催する「2014年日経優秀製品・サービス賞」において、最高位となる最優秀賞 日本経済新聞賞を受賞した。

同賞は毎年1回、特に優れた新製品・新サービスを表彰するもので、今回で33回目。原則として、2014年1月から12月発売分の製品・サービスを対象とし、日本経済新聞、日経産業新聞、日経MJ、日経ヴェリタス、日経電子版、NIKKEI ASIAN REVIEW(NAR)に掲載された約2万点の中から、審査委員会の審査を経て選ばれた約40点が表彰される。審査では、技術開発性、価格対効果性、業績寄与度、成長性、独自性、産業・社会へのインパクトの6項目において、総合的に評価される。

今回受賞したパナソニックの円筒形リチウムイオン電池は、EV用に開発したもので、パナソニック独自のニッケル系正極材料とHRL(Heat Resistance Layer:絶縁性耐熱層)技術を採用し、高容量化と耐久性の両立を実現。また、ノートパソコンなどで実績のある18650サイズ(直径18mm、高さ65mm)の電池を使用することで、コストパフォーマンスにも優れる。テスラモーターズ社のEVセダン『モデルS』に搭載され、500km超の長距離走行や高いデザイン性の実現などに貢献している。

同製品は、独自の高容量化技術によるEVの航続距離延長の実績、搭載EVの受注好調に伴う業績寄与度などが評価された。
《成瀬雄太@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【池原照雄の単眼複眼】2代目はグローバルで100万台目指す…プリウスPHV 開発者の密かな決意

    【池原照雄の単眼複眼】2代目はグローバルで100万台目指す…プリウスPHV 開発者の密かな決意

  2. 4トン6輪車が浮いた! カーシェアのエニカが G63 AMG 6×6 の試乗会を開催

    4トン6輪車が浮いた! カーシェアのエニカが G63 AMG 6×6 の試乗会を開催

  3. メルセデスの世界販売、BMWとアウディを抑える 7月

    メルセデスの世界販売、BMWとアウディを抑える 7月

  4. スズキ、登録車好調も軽自動車販売は19か月連続のマイナス 7月実績

  5. トヨタL&F、10~23トン積ディーゼルフォークリフトを発売…最新排出ガス規制適合

  6. 車中泊での一酸化炭素中毒から身を守る…ドッペルギャンガー、CO計測器を発売

  7. トヨタ、国内シェアが3か月ぶりの5割超え 7月実績

  8. マツダ、タイ工場のエンジン生産能力を3倍に増強

  9. 日産の発信拠点、銀座にオープンへ…NISSAN CROSSING

  10. 三菱自動車、国内販売4か月連続2ケタ減…eK販売再開も登録車が半減 7月実績

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら