【レッドブル・エアレース千葉】日本初開催へ、住友ゴムがオフィシャルパートナーに

航空 エンタメ・イベント

レッドブル エアレース(イメージ)
  • レッドブル エアレース(イメージ)
  • レッドブル エアレース(イメージ)
  • レッドブル エアレース(イメージ)
  • レッドブル エアレース(イメージ)
住友ゴム工業は、5月16日、17日に千葉・幕張海浜公園で開催される「レッドブル エアレース 千葉 2015」のオフィシャルパートナーに決定したと発表した。1月5日より「ローソンチケット」で、観戦チケットの先行販売を開始している。

レッドブル エアレース チャンピオンシップは、今年で第8回の開催。第1回は2003年に開催され、翌々年の2005年から毎年開催。2011年から2013年までは一旦休止するも、2014年から再開された。

同競技はこれまでニューヨークやアプダビ、イスタンブール、ベルリンなど世界有数の都市で開催された。今回は千葉市の協力が得られたため、日本で初めて開催される。ちなみに千葉ラウンドは、2015年シーズン2戦目となる。

開催概要は、16日に予選が行なわれ、17日が決勝(雨天中止時は18日に順延)。世界トップクラスのパイロット14名が集結し、飛行技術を競う。競技専用の飛行機を用い、高さ25mのエアゲート(空気で膨らませたパイロン)で構成される超低空のコースを最高速度370km/hで駆け抜ける。最大重力加速度10Gの中を、体力や判断力を駆使して、3次元で技の正確さと速さを競うタイムトライアルとなる。
《阿部哲也》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品