【2015年度税制改正】軽自動車税は2016年度分が25~75%軽減に

自動車 社会 政治

ホンダ N-BOXスラッシュ
  • ホンダ N-BOXスラッシュ
  • スズキ ハスラー J スタイル
  • ダイハツ ムーヴ X
与党が12月30日に決定した2015年度税制改正大綱で、環境性能の高い軽自動車税を対象にした「グリーン化特例」が15年度に購入する新車の「軽自動車税」を対象に導入されることになった。

軽自動車税(自家用乗用車の場合)は、現行の年7200円が15年度に購入する新車から同1万0800円と1.5倍に引き上げられることが昨年度に決まっている。今回の措置は、「2009年排ガス規制」などに対する環境性能に応じて新たな税額(年1万800円)から、購入翌年度(16年度)のみ25%、50%、75%の3段階で軽減されるものだ。

ただし、登録車を対象とした「自動車税」とともに軽自動車税についても「環境性能割」と呼ぶ、新たな税制の導入が今後予定されるため、今回の軽自動車税のグリーン化特例は、15年度の購入分のみとなっている。このほか、昨年度に決まっていた二輪車を対象にした軽自動車税の増税措置は、従来は15年度から適用される予定だったが16年度からへと延期された。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. 飲酒運転で女性高校生ひき逃げ、運転の女に懲役刑求める

    飲酒運転で女性高校生ひき逃げ、運転の女に懲役刑求める

  2. 崩壊した阿蘇大橋の迂回路が開通…大津町役場=南阿蘇村役場間が20分短縮

    崩壊した阿蘇大橋の迂回路が開通…大津町役場=南阿蘇村役場間が20分短縮

  3. 路上で血を流し倒れていた男性死亡、現場にはひきずられた跡

    路上で血を流し倒れていた男性死亡、現場にはひきずられた跡

  4. 駐車場から進出のクルマ、直進車と衝突して運転者か死亡

  5. 貸切バス事業者の運行管理者、態勢強化し、責任重く...軽井沢スキーバス事故対策検討委員会

  6. 『ETC 2.0』普及へ前進、経路別の料金優遇などサービス具体化へ

  7. タクシーへ追突する事故を故意に起こし、仲間が売上金を盗み出す

  8. 車線変更してきたクルマと接触、バス車内で転倒の5人負傷

  9. 九州の高速道路、無料化を検討...国交省

  10. 高速新料金、導入で首都圏の渋滞損失時間が1割減

アクセスランキングをもっと見る