あのファンファーレを鳴らす“競馬場のクルマ”、秋葉原に現る…有馬記念イベントで[写真蔵]

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

ダイハツ『ロッキー』がベースのスターター・スタンドカー(東京・秋葉原、12月27日)
  • ダイハツ『ロッキー』がベースのスターター・スタンドカー(東京・秋葉原、12月27日)
  • 後方のゴンドラ下にはボンベやアウトリガーが積まれている(東京・秋葉原、12月27日)
  • 側面には「日本スターティング・システム」と記されていた(東京・秋葉原、12月27日)
  • 室内にはアウトリガースイッチやボンベの圧力計がある(東京・秋葉原、12月27日)
  • ダイハツ『ロッキー』がベースのスターター・スタンドカー(東京・秋葉原、12月27日)
  • ダイハツ『ロッキー』がベースのスターター・スタンドカー(東京・秋葉原、12月27日)
  • 室内にはアウトリガースイッチやボンベの圧力計がある(東京・秋葉原、12月27日)
  • 後方のゴンドラ下にはボンベやアウトリガーが積まれている(東京・秋葉原、12月27日)
2014を締めくくるレース「有馬記念」(12月28日、中山競馬場)のプレイベントが、東京・秋葉原で行なわれ、会場にダイハツ『ロッキー』をベースとする「スターター・スタンドカー」が展示された。

スターター・スタンドカーとは、スターターをリフトアップする競馬場の作業車。発馬機(スターティングゲート)の前に設置される。千葉の中山競馬場で開催される有馬記念では、スターターが旗を振ることで、ブラスバンドの生演奏によるあのファンファーレが始まる。

スターターは、発走前にこのクルマのゴンドラに乗り、赤旗を振ってファンファーレを鳴らす。そして出走馬の状態を見ながらタイミングをはかってゲートを開ける。

秋葉原に展示されたスタンドカーには、後方にボンベやアウトリガー(昇降機)が積まれていた。室内を見ると、「アウトリガースイッチ」や「バルブスイッチ」と記されたトルグスイッチや、圧力計などがある。助手席はベンチ型の簡易タイプだ。

ナンバーが付いていないこの作業車について、「G1レースなどではもう少し大きいスタンドカーを使用している。このクルマはいま世田谷区の馬事公苑で活躍している」とスタッフは話していた。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 【ロードスター 軽井沢ミーティング16】「MX-5 RF」日本初披露と3つの栄冠報告…過去最高参加者で盛り上がる

    【ロードスター 軽井沢ミーティング16】「MX-5 RF」日本初披露と3つの栄冠報告…過去最高参加者で盛り上がる

  2. 浅間ヒルクライムに2万人が来場、自動車文化の発展と地域振興めざす

    浅間ヒルクライムに2万人が来場、自動車文化の発展と地域振興めざす

  3. 【ニュル24時間 2016】メルセデス AMG GT3、1‐4位を独占

    【ニュル24時間 2016】メルセデス AMG GT3、1‐4位を独占

  4. 【ニュル24時間 2016】昨年の覇者、アウディ R8 は8位…「結果に失望」

  5. 【新聞ウォッチ】日産の役員報酬、ゴーン社長11億円? 9人の総額は15億3500万円

  6. 【ニュル24時間 2016】クラス2連覇のスバル、パブリックビューイングでも歓喜の輪

  7. 【ニュル24時間 2016】日産 GT-R、総合11位…日本車で最上位

  8. 浅間ヒルクライム2016開催、60年代モデルから最新マクラーレンまで120台が走る…29日まで

  9. 【ニュル24時間 2016】スバル WRX STI、クラス2連覇を達成

  10. 【ニュル24時間 2016】初参戦のレクサスRC F、総合24位

アクセスランキングをもっと見る