ゼンリン、災害時における地図製品等の供給に関する協定を京都市と締結

自動車 ビジネス 企業動向

ゼンリンは12月1日、京都市と「災害時における地図製品等の供給等に関する協定」を締結した。

同協定は地図作成に係るノウハウや技術をもつゼンリンが平時から自治体と連携することで、災害発生時に即時に住宅地図を利用できる環境構築や、災害対応に役立つ実用性の高い地図を創出し、人々の安心・安全に貢献することを目指すことが主な目的。具体的には、ゼンリンが京都市の住宅地図帳や広域図、住宅地図ネット配信サービス「ZNET TOWN」のIDなどを提供し、防災訓練時や災害発生時に役立ててもらう。

京都市は市域の7割以上が山林で占められており、1000か所以上が土砂災害警戒区域等指定箇所に指定されている。また、近年では2013年9月に発生した台風18号による大雨の影響で、河川の氾濫による浸水被害を受けている。

そのような中、京都市では防災に特化したポータルサイトを開設し、市民へ向けた積極的な防災・減災活動を展開。京都市とゼンリンが連携することで、より一層の防災・減災への対応を強化できると考え、協定の締結に至った。
《成瀬雄太@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. スズキ鈴木俊宏社長「壁をぶち破る」、チームスズキで閉鎖体質を変えられるか

    スズキ鈴木俊宏社長「壁をぶち破る」、チームスズキで閉鎖体質を変えられるか

  2. 【訃報】日産 塙義一前社長が死去…ルノーとの資本提携を決断

    【訃報】日産 塙義一前社長が死去…ルノーとの資本提携を決断

  3. スズキ鈴木修会長がCEO辞退、本田副社長退任...燃費不正の引責

    スズキ鈴木修会長がCEO辞退、本田副社長退任...燃費不正の引責

  4. 撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

  5. 【訃報】稲川スズキ元会長が死去

  6. 恋人に会うために使えるタクシー料金、あなたはいくら?…ゼンリンデータコム調査結果

  7. 富士重、「SUBARU」への社名変更を株主総会で決議

  8. 【川崎大輔の流通大陸】「メイドインジャパンは必要ない」タイで生きる日系ブランド

  9. 日産、韓国環境省を提訴…行政処分取り消し求める

  10. タカタ製エアバッグが異常破裂か、ホンダ車で新たな死者…マレーシア

アクセスランキングをもっと見る