【ロサンゼルスモーターショー14】マツダ ロードスター 新型、北米用2.0リットルは「スペシャル・チューン」

自動車 ニューモデル モーターショー

新型 マツダ ロードスター 北米仕様(ロサンゼルスモーターショー14)
  • 新型 マツダ ロードスター 北米仕様(ロサンゼルスモーターショー14)
  • 新型 マツダ ロードスター 北米仕様(ロサンゼルスモーターショー14)
  • 新型 マツダ ロードスター 北米仕様(ロサンゼルスモーターショー14)
  • 新型 マツダ ロードスター 北米仕様(ロサンゼルスモーターショー14)
  • 新型 マツダ ロードスター 北米仕様(ロサンゼルスモーターショー14)
  • マツダ ロードスター 北米仕様
  • マツダ ロードスター 北米仕様
  • マツダ ロードスター 北米仕様
11月18日、米国で開幕したロサンゼルスモーターショー14。『CX-3』に、改良新型『アテンザ』/『CX-5』と、一挙3台をワールドプレミアしたマツダだが、新型『ロードスター』の北米仕様車にも注目が集まった。

その理由は、エンジン。新型ロードスターの北米仕様車には、1.5リットルではなく、「SKYACTIV-G」の直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンが搭載されるため。

新型ロードスターは2014年9月、日本、欧州、米国で同時初公開。その後マツダは10月上旬、パリモーターショー14において、新型ロードスターの欧州仕様のパワートレインは、「SKYACTIV-Gの1.5リットル直列4気筒ガソリンエンジン」と発表している。

ところが、新型ロードスターの北米仕様車には、SKYACTIV-G の直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンを搭載。これは、北米の顧客の嗜好に合わせた選択であり、新型ロードスターの北米仕様車には、欧州仕様車よりも500cc排気量が大きいエンジンが積まれることが確定した。

ロサンゼルスモーターショー14の会場では、この2.0リットルエンジンのスペックに関する発表はなし。ただし、マツダは「スペシャル・チューン」とだけ、公表。他のマツダ車に搭載済みの2.0リットルSKYACTIV-Gエンジンとは、異なる仕様になることを示唆している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. メルセデス CLA 改良新型…フロントマスク刷新、379万円より

    メルセデス CLA 改良新型…フロントマスク刷新、379万円より

  2. 【日産 セレナ 新型】事前予約の7割がプロパイロットを装備

    【日産 セレナ 新型】事前予約の7割がプロパイロットを装備

  3. 【日産 セレナ 新型】星野専務「セレナの魅力はプロパイロットだけではない」

    【日産 セレナ 新型】星野専務「セレナの魅力はプロパイロットだけではない」

  4. 【レヴォーグ STIスポーツ】発売1か月で3000台超え、購入者の6割は40~50代

  5. テスラ、航続距離613kmの モデルS P100D を発売…1480万円より

  6. 【ペブルビーチ 16】KEN OKUYAMAの「kode57」…V12は620馬力

  7. 5ドアとは違う…フォード フィエスタ 次期型、3ドアのスポーティな姿

  8. 【日産 セレナ 新型】プロパイロット採用、ミニバンクラス世界初の同一車線自動運転技術

  9. 【レヴォーグ STIスポーツ】ボルドー内装で上質さをアピール

  10. 【インタビュー】マツダ アクセラ 柏木主査「Gベクタリングコントロールはあくまで要素のひとつ」

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら