【ミラノショー14】テラモーターズ、電動バイクでヨーロッパに挑む…シェアトップを維持できるか

モーターサイクル エンタメ・イベント

テラモーターズ A4000i(ミラノショー14)
  • テラモーターズ A4000i(ミラノショー14)
イタリア・ミラノで開催された国際モーターサイクルショー「EICMA 2014」(ミラノショー)において、日本の電動バイクメーカーであるテラモーターズは『A4000i』を引っさげ、イタリアをベースとしたヨーロッパ進出を表明した。

A4000iが展示されたブースで開催されたカンファレンスでは、同社の渡辺俊氏が英語でプレゼンを行い、それをイタリアの販売代理店となるスペッソ社の電気自動車部門マネージャであるフランチェスコ・ポッシオ氏がイタリア語に訳すという形で行われた。

その内容は、まず、テラモーターズの概要をアピールし、れっきとした日本メーカーであることを周知してもらうというもの。日本メーカーが電動バイクでも世界進出を図る中、テラモーターズは40%のシェアを誇るトップメーカーであることや徳重徹CEOや技術陣、株主の紹介にまで及んだ。

そして、その後に、主力商品となるA4000iの説明が行われるというものであった。

世界的に見て、電動バイクへの参入に関しては、既存の大手メーカーではなく、新興勢力の活動が活発化しているが、それは日本においても例外ではないようだ。
《和歌山 利宏》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. 【人とくるまのテクノロジー16】アウトバーンも難なく! ヤマハ MT-10 本邦初公開

    【人とくるまのテクノロジー16】アウトバーンも難なく! ヤマハ MT-10 本邦初公開

  2. 【人とくるまのテクノロジー16】“エメラルドカラー”が二輪サスの新シンボルに…ショーワ

    【人とくるまのテクノロジー16】“エメラルドカラー”が二輪サスの新シンボルに…ショーワ

  3. 【人とくるまのテクノロジー16】ヤマハ、日本未発表の欧州向け最高峰モデル MT-10 を展示…跨りOK

    【人とくるまのテクノロジー16】ヤマハ、日本未発表の欧州向け最高峰モデル MT-10 を展示…跨りOK

  4. ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

  5. ゴールデンボンバー、ホンダの原付イメージキャラ続投

  6. 二輪車向け世界初「サイドビューアシスト」、初めての搭載はマキシ・スクーターから...ボッシュ

  7. バイク王、初心者・リターンライダー向けライディングスクールを開催

  8. 軽二輪中古車販売、3.7%減の1万9076台で4か月連続マイナス…4月

  9. 【ミラノショー15】“キング”の名にかけ新開発 スズキ GSX-R1000…MotoGP直系の電子デバイスも

  10. ハーレー プロ ストリート ブレイクアウト 発売…CVOファミリーに新モデル

アクセスランキングをもっと見る