『ガルパン』舞台の大洗で「あんこう祭り」に10万人…痛車や声優トークも[写真蔵] | レスポンス(Response.jp)

『ガルパン』舞台の大洗で「あんこう祭り」に10万人…痛車や声優トークも[写真蔵]

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

第18回大洗あんこう祭
  • 第18回大洗あんこう祭
  • 第18回大洗あんこう祭
  • 第18回大洗あんこう祭
  • 第18回大洗あんこう祭
  • 第18回大洗あんこう祭
  • 第18回大洗あんこう祭
  • 第18回大洗あんこう祭
  • 第18回大洗あんこう祭
アニメ「ガールズ&パンツァー」の舞台となった茨城県大洗町にて、第18回大洗あんこう祭が開催された。来場者数は昨年と同様の10万人。

大洗あんこう祭は、茨城県の名産“あんこう”を題材とし、名物「あんこうの吊るし切り」実演や、友好都市ゆるキャラ大集合、地元の海産物などの出店でにぎわうイベント。加えてガルパンの聖地と言うこともあり、アニメ内にも登場した商店街に数多くのガルパン痛車・痛単車・痛チャリが展示された。

大洗マリンタワー前芝生広場ではガールズ&パンツァー声優によるトークショウが行われ、劇場版の公開時期や茨城交通「ガルパンラッピングバス3号車」誕生などの新情報が発表された。会場にはファンが詰めかけ大変な盛り上がりを見せていた。

痛車展示エリアも大勢の見物客であふれ、ガルパンキャラクターにふんしたコスプレイヤーとのコラボ撮影にも熱が入っていた。特に東京トヨペットによるガルパン公式販売痛車や、軽トラを改造したIV号戦車には人だかりができるほどだった。

地域・アニメ制作側・ファンが協力し、これほど大成功したイベントは珍しい。今後もアニメコンテンツを題材に、地域活性化に繋がれば面白いのではないだろうか。
《スタジオアール》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品