【ミラノショー14】トライアンフ、オンロード特化の タイガー800XR を発表…トラコン&クルーズコントロール装備

モーターサイクル エンタメ・イベント

トライアンフ タイガー800 XRx(ミラノショー14)
  • トライアンフ タイガー800 XRx(ミラノショー14)
  • トライアンフ タイガー800 XRx(ミラノショー14)
  • トライアンフ プレスカンファレンス(ミラノショー14)
  • トライアンフ タイガー800 XCx(ミラノショー14)
  • トライアンフ タイガー800 XCx(ミラノショー14)
  • トライアンフ タイガー800 XCx(ミラノショー14)
英国のスポーツバイクメーカー、トライアンフは、イタリア・ミラノで開催された国際モーターサイクルショー「EICMA 2014」(ミラノショー)で『タイガー800』の新型を発表した。

これまで、オフロード指向だった『タイガー800XC(クロスカントリー)』に対し、オンロード指向の標準型はタイガー800を名乗っていたが、新型は『タイガー800XR』として明確に差別化。さらに『タイガー800XRx / XCx』という上級型を追加した。

799cc3気筒ユニットは第二世代に進化し、最高出力95psの数値に変わりはないが、燃費を17%向上させ、電子制御スロットル(ライドバイワイヤ)を新採用した。メカノイズも低減しているという。また、すでにABSは装備済みだが、それを切り換え可能式とし、新しくトラクションコントロールも投入された。

オンロード指向で前後サスストローク180/170mm、前後ホイール径19/17インチのXRには、従来どおりショーワ製のサスペンションを採用するが、オフロード指向で前後サスストローク220/215mm、前後ホイール径21/17インチのXCにはWP製ユニットを採用した。

そして、上級型の「x」モデルには、クルーズコントロールを装備。さらに、マップ切り換えが可能で、スロットルレスポンス、ABS、トラコンを総合的にコントロールできる。

登場から4年経つタイガー800。その間の技術革新を惜しみなく詰め込んだ新型である。
《和歌山 利宏》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. ホンダ CBR250RR、新開発エンジンを搭載…インドネシア合弁会社が発表

    ホンダ CBR250RR、新開発エンジンを搭載…インドネシア合弁会社が発表

  2. 【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…Team KAGAYAMAは浦本が絶好調

    【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…Team KAGAYAMAは浦本が絶好調

  3. 【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…史上最強、YAMAHA FACTORY RACING TEAM

    【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…史上最強、YAMAHA FACTORY RACING TEAM

  4. 【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…F.C.C. TSR Hondaは世界耐久タイトルねらう

  5. 中学生のマイナー競技にもスポットライトを...馳浩文科相

  6. カワサキ Ninja H2R、斬新かつ機能的デザインで「発明賞」

  7. 軽二輪車中古車販売台数、3年連続マイナス 2016年上半期

  8. 【バイクの日】秋葉原で車両展示やアニメ「ばくおん!!」ステージ

  9. 限定5万台を実質棚上げ 応募殺到でキャンペーン継続中...二輪車ETC助成

  10. 【夏休み】バイクの遊園地…KTMがオフロードユーザー向けイベント

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら