自転車を船に載せて東京湾クルーズ…千葉市などがサイクルシップを運航実験

船舶 エンタメ・イベント

千葉港から自転車を船に載せ、浦安までのクルージングを楽しむ人たち
  • 千葉港から自転車を船に載せ、浦安までのクルージングを楽しむ人たち
  • サイクルシップが出航する時間になり、千葉港にサイクリストたちが集まってきた
  • ロードバイクを船に載せ、千葉港から浦安マリーナへと向かう人たち
  • 千葉港に到着したサイクルシップ
  • サイクルシップ乗船場受付に集まった男女
  • サイクルシップが出航する千葉港では親子の参加もみられた
  • 乗船デッキの上を自転車を転がして歩くサイクルシップの参加者たち
  • サイクルシップに自転車をそのまま載せて千葉港から浦安マリーナへ
千葉市などは11月16日、千葉港と浦安マリーナの間(約20km)を結ぶ自転車持ち込みクルーズ船「サイクルシップ」を運航。参加者たちは穏やかな東京湾をクルージングし、港からのサイクリングを楽しんだ。

自転車をそのまま船に積み込んで、船の旅とサイクリングを楽しむこのサイクルシップ。この“自転車と船のコラボ”は、千葉県による「千葉中央港地区の旅客船桟橋等の整備」にあわせ、市が船事業者の誘致・にぎわい創出などを目的とした「運航実験」のひとつで、運航は、横須賀の猿島などのクルージングツアーを実施するトライアングル(神奈川県横須賀市)が担当した。

この運航実験に使われた船は、猿島航路で使用されている「シーフレンドZERO」という19トン船。この日の第1便は浦安マリーナを9時30分に出航し、千葉港に10時45分に到着(1日2.5往復、5便)。乗船料は各便片道1500円(往復2500円)。「各便定員40人の枠に30人ほどの乗客があった」と同社・藤野浩章氏はいう。

「4月に就航したばかりの船を持ってきた。自転車をそのまま積めるクルーズ船の運航は非常に珍しい試み。今回は、ロードバイクなどを置くスタンドを我々がオリジナルで制作し、上甲板に配置。大事な自転車を分解せずそのまま載せられて、2階部分の甲板からや客室から海を眺めるクルーズの旅が楽しめるとあって、好評を得た」(藤野氏)

サイクルシップの乗船客の自転車は、ロードバイク、折りたたみ自転車、ママチャリとさまざま。親子の参加もみられた。30代の男性は「電車に載せるとなるとバラさないといけないし、クルマに載せて行くと渋滞などもあって疲れてしまう。でも船ならばそのまま持ち込めるし、なによりも気持ちいい」と話していた。

藤野氏はこの運航実験の次について、「例えば船上バーベキューなど飲食を楽しみながらとか、房総や三浦といった東京湾周辺の運航エリア拡大も考えられる」と話していた。
《大野雅人》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品